高コレステロール血症の原因

高コレステロール血症の原因について

生活習慣病の中でも合併症状を引き起こすリスクの高い疾病としても知られている高コレステロール血症。血液の中にコレステロールという脂肪が増えすぎてしまうために、血管が詰まりやすくなってしまう病気ですね。この疾病の原因は、毎日の食生活や生活習慣が原因といわれています。

私たちは毎日食事をしています。口から入った食品の栄養成分は、口、胃、小腸などの消化器官を通りながら栄養素ごとに分解されていき、最終的には小腸の壁を通して血液に栄養素が送られます。この時、特定の栄養成分が極端に多かったりすると、消化器官の中で限られた時間内に全てを消化できなくなってしまいます。そうすると、消化されなかった分が最終的に「脂肪」という形で体内に蓄積されて肥満になったりして、生活習慣病になってしまいます。

体内で分解されて吸収される栄養素が消化器官で消化しきれなかった場合には、それらが脂肪に変換されます。その脂肪は、小腸の壁を通してどんどん血液中に吸収されて行くため、血液中の脂肪量が多くなってしまうわけです。頻繁に体を動かして有酸素運動的な生活を送っている人なら、血液中の脂肪も普段の生活の中で燃焼することができるのですが、運動不足だったりすると血液中の脂肪は燃焼されることなくどんどん蓄積されてしまいます。運動不足によって高コレステロール血症になりやすいというのも、そのためですね。

高コレステロール血症になりやすい食材は、やはり動物性脂肪をたくさん含んでいる食材といえるでしょう。コッテリした中華料理や欧米的な食生活、揚げ物や肉中心の食生活などは、血液中にコレステロールがたまりやすい食生活なので、生活習慣病が気になる年齢の人は特に気を付けなければいけません。

気を付けるのは食材だけではいけません。消化しきれなかった栄養素は全て脂肪となってしまうので、一度の食事で食べ過ぎてしまう暴飲暴食もNGですし、寝る前に食事をするというのもNG。すべて高コレステロール血症になりやすい体質を作り出してしまいます。

アルコールや喫煙などの嗜好品も、血液中のコレステロール値を高めてしまう原因となります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高コレステロール血症対策館]について

高コレステロール血症の原因や症状の基礎知識をはじめとして、治療薬やサプリメント、運動療法での対策方法に、ネフローゼ症候群や食事との関係等など幅広く奥深くまで解説した高コレステロール血症総合情報サイトです。高コレステロール血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高コレステロール血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ