更年期障害とは

更年期障害について

アラフォー、アラフィフ以上の年代の人なら誰でも少しずつ心配になるのが更年期障害。更年期障害とは、年齢に伴う老化現象によって引き起こされる病気の一つで、ホルモン分泌のバランスが崩れることによって精神的に不安定な状態になってしまったり、自律神経失調症のような症状が出てしまう病気のことです。

この病気は男性にはほとんど起こることがありませんが、女性の場合にはかなり高い確率で発症すると言われています。ただし、どのような症状がどのような度合いで起きるのかは個人差があるため、更年期障害をほとんど自覚することなく生活できる人もいれば、日常生活もままらないほどに大きな影響を受けてしまう人もいるようです。

更年期障害の原因は、女性ホルモンにあります。女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとがありますが、このうち、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が年齢とともに少なくなります。このホルモンは、20代後半あたりから少しずつ分泌される量は少なくなっていきますが、更年期と呼ばれるアラフォーやアラフィフの年齢となると、急激に分泌量が低下してしまうのが特徴。それまで分泌されていたホルモンが分泌されにくくなってしまうのですから、ホルモンバランスが崩れて精神的に不安定な状態が起きてしまうというわけですね。

更年期障害と呼ばれる疾病にかかると、自律神経失調症を引き起こすことが多いようです。精神の躁鬱が激しくなり、普通に過ごせる時もあれば、何をしても楽しくないという鬱な状態に陥る頻度も多くなったりするようですね。ただし、毎日の生活の中で辛いことがあれば誰でも鬱な感じになってしまうのは普通ですから、日常的に悩み事があったり不安を感じやすい人などは、更年期障害と気づかずに鬱な状態と向き合う人も多いようです。

その他にも、更年期障害の症状にはいろいろなものがあり、寝ている間に暑くもないのに汗をかいたり、突然顔がのぼせたり、そうかと思うと鳥肌が立つほど悪寒を感じるなど、自覚症状が出るケースも少なくありません。こうした自覚症状によって更年期障害かもしれないとわかる人の割合は多く、特に、顔ののぼせなどの症状は、更年期に突入する女性の80%が経験すると言われています。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ