更年期障害の症状:女性30代

更年期障害の症状:女性30代について

更年期障害の症状は、閉経前後の5年間ぐらいに最も多くなると言われています。しかし、閉経するような年齢ではない30代後半でも、更年期障害の自覚症状が出るケースもあります。更年期かどうかは、婦人科で検査をすれば分かりますが、卵巣機能が低下しているかどうかによって更年期かどうかが判断されます。

閉経近くになると、卵巣機能が低下し、それが原因で女性ホルモンが分泌されにくくなってしまうのですが、30代では、まだ卵巣機能が低下している人は少ないものです。検査をして、婦人科系の疾患にかかっていたりすれば卵巣機能が低下していない場合もありますが、その場合には若くても更年期障害が起きる可能性はもちろんあります。しかし、卵巣機能が正常に機能している場合には、更年期障害と同じような症状が起きていても、それは更年期とは診断されないようです。

プチ更年期と呼ばれることもある30代の更年期障害の症状。これは、女性ホルモンの分泌が正常に行われていないことが原因で起きることが多いようです。女性ホルモンはとても繊細なホルモンなので、ちょっとした疲れや不安、悩み、心配ごとなどによって分泌されにくくなってしまいます。また、慢性的なストレスや疲労などが原因でも、女性ホルモンは分泌されにくくなってしまうもの。ストレスを感じやすい体質の人は特に、若くても更年期障害と同じような症状を自覚することも多いようですね。

卵巣機能が正常に機能している30代の場合には、更年期障害と似た症状が出ていても、それは更年期障害ではありません。女性ホルモンの分泌を促進してくれる治療を行ったり、鬱の症状が出ている場合には、抗うつ剤などを利用したりして、精神的な安定を心がけるための治療が行われますが、原因が取り除かれれば女性ホルモンは正常に分泌されるようになるので、更年期障害の症状も少しずつ収まってくるようです。更年期障害のような症状が出たら、年齢を問わずに、とりあえず婦人科を受診してみましょう。適切な治療法が見つかるはずですよ。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ