更年期障害の症状:男性

更年期障害の症状:男性について

更年期障害というと、閉経が迫ってくる年齢の女性に多く見られる疾患というステレオタイプなイメージがありますが、実は女性だけではなく、男性でも更年期障害にかかることがあります。男性の場合、閉経があるわけではないため、更年期障害の症状がはっきりと表れるケースは少ないのですし、女性のように、女性ホルモンの分泌量が低下することが原因でおきるというわけでもありません。男性の更年期障害は、年齢に伴って男性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうことが原因で起きるケースが多いようですね。

男性は、男性ホルモンがメインに分泌されています。しかし、男性ホルモンは年齢を重ねるごとに分泌される量が少なくなりますし、慢性的なストレスなどサラリーマンの多くが経験する生活習慣によって、分泌されにくくなってしまうこともあります。また、運動不足や肥満、食生活の偏りなどが原因で分泌されにくくなってしまうこともあるので気を付けなければいけません。

女性の場合、更年期障害は45歳〜55歳にかけて自覚症状がはっきりと表れることが多いのですが、男性の場合には40代に入るとすぐにこうした症状を自覚する人が多いようです。慢性的なストレスや疲労を常に感じている人だと、30代後半でも更年期障害の症状が出ることもあるので気を付けなければいけません。

男性の場合には、どのような症状が現れるのでしょうか?女性の場合には、顔がのぼせたり、睡眠障害、鬱の症状になってしまうなどの症状が多くみられます。男性の場合にも、ホルモンバランスが崩れるために精神的な安定を崩してしまい、鬱の症状が出たり、不安や焦りなど、精神的に落ち着かない状態が継続してしまうことも多いようです。また、体調がすぐれなかったり、やる気が起きないという症状が出ることもあります。こうした症状は、更年期障害でなくても経験する症状なので、年齢によっては、更年期障害だと気づかずに、自分一人で抱え込んでしまう人も多いようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ