更年期障害の症状:汗

更年期障害の症状:汗について

更年期障害で起きる自覚症状の中でも最も多いのが、「汗」。暑い所にいたり、運動をしたりすれば、老若男女誰でも汗をかきますが、更年期障害の場合には、熱くもないのにいきなり大汗をかくという症状が現れます。具体的に、どんな感じで汗をかくのかと言えば、お腹や背中の周辺にホッカイロが入っているような感じで、ジーンと体が熱くなり、汗をかいてしまうということもあるようですし、朝起きたら汗びっしょりだった、という人も多いようですね。

更年期障害でかく汗は、一時的に大量の汗が噴き出すというケースもあれば、一日中、汗をかきやすくなったという人もいるようです。更年期障害で多く見られる自覚症状の一つでもある「のぼせ」「ホットフラッシュ」に合わせて大量の汗がふきだす人はとても多く、家族が寒いと言っているのに自分は暑くて大汗をかいているという人も珍しくないようですね。中には、朝しっかりメイクをしても、一日中ひっきりなしに描く汗によって、メイクがすぐに崩れてしまうというケースもあるようです。

更年期障害が原因の汗は、婦人科で更年期障害の治療を行うことである程度緩和することができます。ただし、更年期障害という疾患は、加齢による老化現象の一つなので、治療と言っても完治することはできません。体内で不足している女性ホルモンを医学的に体内に補充することで、症状を抑えるという治療が行われるため、更年期が続く間は、継続して治療を行うことが必要となります。

汗をかいても気にならないという人や、更年期障害の症状がひどくないから十分に対応できるという場合には、無理に治療をする必要はありません。汗をかくなら窓を開けて薄着になったり、汗をかいたついでにスポーツや運動もして、より多くの汗を出してデトックスする、などプラスに考えることができれば、更年期障害の汗も、それほど気にならなくなるかもしれませんね。

日常生活に支障を来してしまう場合には、無理せずにすぐに婦人科を受診してくださいね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ