更年期障害の汗、薬での治療

更年期障害の汗、薬での治療について

更年期障害で大汗をかく場合には、それで日常生活に支障が出たり、汗だけではなく、精神的に鬱の症状とか不眠の症状が現れたりする場合もありますよね。その場合には、誰もが経験する更年期障害だからと我慢せず、婦人科を受診して適切な薬物治療を受けることも可能です。

更年期障害は老化現象なので、薬物治療をしても、根本的に完治することもできませんし、女性ホルモンの分泌量をアップすることもできません。しかし、薬物治療をすることで、体内で分泌されにくくなってしまった女性ホルモンを補充することによって、体内の女性ホルモン量を安定することは可能です。体内に十分な女性ホルモンがあれば、更年期障害の症状を抑えることができるので、更年期障害の治療薬として用いられるというわけですね。

更年期障害の薬物療法の中でも最も一般的なのは、低容量ピルを使った治療法です。ピルというと避妊薬というイメージがありますが、ピルは女性のホルモンバランスを整えてくれるという働きもしているので、妊娠する可能性がない場合にも有効です。例えば、更年期の症状としてニキビができやすくなったり、生理が不安定になってきたり、頭髪が薄くなってしまったり、逆に体毛が濃くなってしまったり、そうした症状も低容量ピルを服用することで抑えることができます。

更年期障害の治療には、ホルモン補充療法という方法もあります。ピルかホルモン補充法かは、それぞれにメリットやデメリットがありますが、年齢が若くて卵巣の機能がまだ正常に働いている45歳未満の場合には、低容量ピルを使った治療が多いようですね。閉経前後で卵巣機能が実際に低下し始める45歳以上の場合には、閉経後でもホルモン補充療法が用いられることが多いようです。

低容量ピルは、毎日摂取する内服薬で、更年期障害の治療として用いる際には、それを数年間毎日飲み続けることになります。そうすると、副作用が心配になりますが、近年の低容量ピルは安全性も高く、副作用もほとんど出ないので、思春期の女子がニキビ治療として服用することも多いのだとか。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ