更年期障害の症状:突然の寒気後高熱

更年期障害の症状:突然の寒気後高熱について

更年期障害の症状には、ホットフラッシュや睡眠障害、精神状態が不安定になったり、鬱になりやすくなったり、また、イライラしやすくなるなどの症状などがあります。その中でもホットフラッシュと呼ばれている「顔ののぼせ」の症状がとても多く、ホットフラッシュが起きるようになって初めて更年期障害を自覚し始めるという人も少なくありません。

ホットフラッシュとは、突然顔がカーッと熱くなってのぼせてしまう症状ですが、これとは全く逆の「寒気」が襲ってくることもあります。例えば、ホットフラッシュで熱くもないのにカーッとのぼせて大汗をかいたと思ったら、その後にとんでもない寒気が襲ってきて、寒くて仕方がないという人もいますし、寒くもないのに突然凍えるような悪寒が襲ってくるということもあるようです。

ホットフラッシュの場合にも、突然寒気が襲ってくる場合にも、これらは更年期におけるホルモンバランスが崩れたことによって、自律神経が乱れていることが原因となっています。更年期になる前から自律神経を崩しやすい人などは、こうした症状も頻繁に、そして重度で見られることもあるので気を付けましょう。

更年期障害に伴う「寒気」では、実際の体温が少しだけ低くなります。気のせいではないので安心してくださいね。ただし、突然のぼせたり寒くなったりしてばかりいたのでは、日常生活にも支障が出てしまいますよね。更年期障害は、加齢に伴って誰でも起きる疾患ですし、老化現象の一つなので医学的な治療を行っても完治することはできません。しかし、体内で分泌されにくくなってしまった女性ホルモンを外部から補充することによって、更年期障害のこうしたツラい症状を抑えることはできるので、症状がツラい場合には一人で我慢せずに、婦人科を受診するのも悪くありませんよ。

また、自律神経のバランスが崩れている時には、とにかくリラックスして体や心を休めてあげることが最善です。普段から忙しく動き回っている人でも、たまにはのんびり何も考えずに過ごせる時間を作るのも良いかもしれませんね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ