更年期障害の治療法:ホルモン注射

更年期障害の治療法:ホルモン注射について

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が加齢によって減少してしまうことにより、体内のホルモンバランスが崩れてしまうことが原因で起きる疾患です。更年期障害は老化現象の一つなので、医学の力を持っても根本的に治療することはできません。しかし、体内の女性ホルモン量が少ないことで更年期障害が起きているなら、外から女性ホルモンを補充すれば症状が軽減できるのではないか、という考えに基づく治療法が、ホルモン補充療法と呼ばれる更年期障害の治療法です。

ホルモン補充療法とは、一言でいうなら、女性ホルモンを注射するという治療方法。体内のホルモンバランスを整える更年期障害の治療法には、ホルモン注射以外にも低容量ピルによる治療法などもありますが、ホルモン注射は閉経を迎えた後の50代の更年期障害に対して行われることが多いようです。ちなみに、ピルによる更年期障害の治療は、若年性更年期や、卵巣機能がまだ正常に機能している40代の更年期障害に適用されることが多いようですね。

ホルモン注射による女性ホルモン補充療法(HRT)は、体内に不足している女性ホルモンを補うという治療法で、更年期障害の中でも良く起きるホットフラッシュのような症状を劇的に軽減できる効果が期待できます。それだけではなく、女性ホルモンを補充することによって、骨粗鬆症や大腸がんなどの疾病を予防できる効果もあるのだとか。カルシウムの摂取量が少ない日本人女性の場合には、年齢とともに骨がスカスカになって身長が縮んでしまう人も少なくありません。女性ホルモン補充療法を行えば、そうした現象も予防できるかもしれませんね。

ただし、ホルモン注射による治療は、血管が詰まりやすくなってしまうリスクがあるため、血栓症や脳卒中などのリスクが高い人には適していません。また、長期間続けると乳がんのような婦人科系疾患を引き起こすこともあるため、誰にでも適用できる治療法というわけでもないようです。適しているかどうかは、生活習慣や疾病リスクなどを考えながら判断されるので、この治療を希望する場合には、婦人科を受診してみてくださいね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ