更年期障害の症状

更年期障害の症状について

更年期の症状にはいろいろなものがあります。

その中でも、多くの人が経験するのが「顔ののぼせ」ではないでしょうか。緊張したり、体温が急激に上昇すればだれでも顔がのぼせてしまいますが、更年期障害ののぼせは、緊張しているわけではないのに突然顔がのぼせ、そうかと思っているとのぼせとともに強烈な悪寒や寒気が襲ってくる、という症状を自覚する人もいるようです。のぼせの症状は、更年期を迎える女性の80%が経験すると言われているほど一般的な症状で、この症状によって「自分はもしかしたら更年期かもしれない」と自覚する人も多いのだとか。

睡眠時に更年期の症状が現れることもあります。例えば、睡眠障害ですね。なかなか寝付けなかったり、眠りが浅くて夜中に何度も目を覚ましてしまうのも、更年期障害によって引き起こされている可能性があります。不安や悩みによって慢性的に眠りが浅いという人もいますが、更年期障害にかかると精神バランスを崩しやすくなってしまい、自律神経失調症にかかることも珍しくありません。そうしたことが、普段の悩みや不安を一掃大きくして、睡眠がさらに浅くなってしまう原因となっているのかもしれません。

自律神経失調症も、更年期障害によって引き起こされる疾患です。この疾患は、更年期でなくてもストレスや慢性的な疲れなどが原因で引き起こされることも多く、現代社会においては老若男女を問わずに誰もが発症するリスクを抱えている疾患とも言われています。更年期に入ると女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなってしまうため、ホルモンバランスが崩れてしまうことが、こうした精神バランスをくずしやすくしてしまう原因と考えられます。

こうした更年期障害の症状は、どんな症状がどのぐらいの度合いで現れるかは個人差があります。ほとんど自覚症状がなく更年期障害を乗り切ってしまう人もいれば、ひどい症状が何年もの間続いて、日常生活もままならないという人も少なくありません。更年期障害の症状がひどいなと感じたら、ぜひ婦人科を受診して適切な治療を受けることを考えましょう。誰にでも起きる更年期障害は、近年では医学の力で症状を抑えることが可能です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ