更年期障害はいつから?

更年期障害はいつから起きることが多いか

更年期障害は、女性の閉経の前後期間に起きることが多い疾患です。老化現象の一つで卵巣機能が低下してくると、それに伴って女性ホルモンの分泌量も少なくなってきます。ある日突然卵巣機能が低下するというわけではなく、時間をかけながら少しずつ機能低下が少なくなるため、女性ホルモンの分泌量が少なくなるのも、ある日突然自覚症状が出るというわけではなく、少しずつなんとなく体調が良くないな、ということが続いたりすることも多いようです。

卵巣機能が何歳から機能低下を始めるかは、人によって個人差があります。その為、更年期障害が起きる年齢にも個人差があります。閉経する平均年齢は50歳ごろだと言われているため、その年齢の前後5年ぐらいが更年期障害が起きやすい年齢と言えるのではないでしょうか。つまり、45歳ぐらいからが更年期障害のリスクが高くなってくる年齢と言えるでしょう。

ただし、45歳まで更年期にかかることがないかと言えば、そういうわけでもありません。近年では40代で更年期障害の治療を始める人も少なくありませんし、早い場合には30代後半ですでに更年期障害を起こす人もいると言われています。女性ホルモンの分泌は慢性的なストレスや疲れ、偏った食生活や日常生活によっても影響されるため、日本全国ストレス大国になっている昨今では、更年期障害の年齢も少しずつ早くなっている傾向があるようです。

更年期障害の症状にはいろいろありますが、ある日突然「あっ、今日から更年期障害が始まった!」ということはありません。少しずつ症状が出たり出なかったりしながら、女性ホルモンの分泌量減少に伴って、どんどん慢性的に更年期障害の症状が定着するようになるようです。

更年期は女性なら誰もが経験する老化現象の一つですが、更年期障害の症状がどのぐらい現れるかには個人差があります。更年期でも症状が軽くて日常生活に影響がない人もいますし、寝込んでしまうぐらいに症状が重くなってしまう人もいるようです。症状が軽い人の場合には、更年期障害の症状が出ていても自覚することなく、そのまま乗り切ってしまうという人もいるようですね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ