若年性更年期障害とは

若年性更年期障害について

更年期障害とは、女性の閉経に伴ってホルモンバランスが崩れてしまうことが原因で起きる体の異変のこと。女性の平均的な閉経の年齢は50歳ですから、更年期障害も、その前後5年間ぐらいの間、つまり45歳〜55歳ぐらいに起きることが多いと言われています。しかし、最近では30代後半でもすでに更年期障害の症状が出てしまう人も増えていて、閉経しないはずの年齢なのにこうした症状が出ていることを、「若年性更年期障害」と呼びます。

若年性更年期障害の場合には、若くして閉経してしまうのではなく、生理を継続する卵巣の働きには問題がないケースが多いようです。ただし、卵巣から分泌されている女性ホルモンがストレスや疲れなどによって分泌されにくくなり、それが体内の女性ホルモンの量を減少させて更年期障害と同じ症状を引き起こしていると言われています。

女性ホルモンはもともととても繊細なホルモンで、ちょっとした疲れや不安、ストレスや心配事などによっても分泌されにくくなってしまうという特徴があります。働く女性が増えていることによって、男性並みにストレスや心配、悩みを慢性的に抱えている女性も多くなり、それが若年性更年期障害を加速させているのではないかとも言われています。その中でも、特にストレスは女性ホルモンの分泌には大敵で、ストレスを感じやすい人ほど、若年性更年期障害にもなりやすいのだとか。

若年性更年期障害は、実際に閉経を迎える準備をしているというわけではありません。その為、ストレスや疲れなど、女性ホルモンの分泌を妨げるような原因を取り除くことができれば、こうした症状も軽減されたり解消することができます。ただし、ストレスによって女性ホルモンの分泌がストップしてしまいやすい人は、実際に閉経が起こるときに更年期障害が始まると、通常の場合よりも症状が重く出てしまうことも多いので注意したほうが良いかもしれませんね。早い段階から、ストレスを解消する方法や、気分転換を上手にできるようなテクニックを身につけたいものです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ