更年期障害の症状:女性50代

更年期障害の症状:女性50代について

更年期障害とは、女性の閉経によってホルモンバランスが崩れ、それが自律神経や精神状態を不安定にしてしまうことにつながります。更年期障害は、閉経の前後5年間ぐらいずつの年齢、つまり、45歳から55歳の間に最も起こりやすくなりますが、女性の平均的な閉経年齢は50歳ということを考えると、まだ生理がある40代の頃に経験する更年期障害と、閉経後の50代で経験する更年期障害とには、大きな違いがあるような気もしませんか?

50歳前後になると、閉経がいよいよ近くなってきますが、閉経が近くなると、女性ホルモンの分泌が正常な場合の半分〜3分の1ぐらいの量まで減少してしまいます。その代り、少なくなった女性ホルモンの量を補充しようと、卵胞刺激ホルモンの量が5倍以上と増量されます。

こうしたホルモンの変化に伴ってみられる症状には、肌の乾燥、シミやシワが目立つようになったり、白髪が急激に増えたり、髪が抜けやすくなることが多いようです。また、卵巣の機能が停止に向かって進むため、性交の時に痛みを伴ったり、摩擦によって出血したりという症状なども起こるようです。女性ホルモンによって体内が保湿されていた機能が低下してしまうわけですから、体の外側も内側も乾きやすい状態になってしまうことが多いようですね。

閉経を迎えた後には、いよいよ本格的な更年期障害の症状が襲い掛かってきます。女性ホルモンの分泌量が閉経を境に急減するため、寒くないのに手足がやたら冷えるようになったり、ホットフラッシュと呼ばれる顔ののぼせや発汗などを日常的に経験する人も多いようです。また、なんとなく体調が悪いことが増えたり、めまいや耳鳴り、動機や息切れなどが起こりやすくなります。さらに、睡眠障害も起こりやすく、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまったり、不眠症の症状が出るケースもあるようです。

閉経を迎えたら、その後は更年期障害の症状が出ても、ホルモンバランスがしばらくして安定してくれば、症状も落ち着いてきます。ただし、精神的な鬱状態が続くような場合には日常生活にも支障がでてしまいますから、婦人科を受診して、体内で不足している女性ホルモンをホルモン補充療法などによって一時的に補い、更年期障害の症状を抑えるという治療を受けるのも悪くないのではないでしょうか。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

40才からの女性のための2大成分を贅沢に配合した今全国で大人気のサプリメントです。たっぷり10日間お試しセットがなんと1000円!! オススメです、ぜひお試しくださいね♪
※→ そろそろ50代・・。女性に本当に必要な成分って?

このページのトップへ