骨盤底筋群トレーニング

骨盤底筋群トレーニングについて

ダイエットをする人の中には、体重を減らしたい人もいれば、体重はどうでも良いけれどスタイルを変えたいという人もいます。その中でも、体型を変えるためには減量するためのトレーニングとは異なる方法で毎日コツコツとトレーニングすることが必要になるのですが、スタイルを改善する効果が期待できる筋肉群のひとつに「骨盤底筋群」があります。

骨盤底筋群とは、臓器の中でも下の方にある膀胱や子宮などを支えている筋肉のこと。ちょうど骨盤もこのあたりにありますし、骨盤周辺の臓器を支えている筋肉や靭帯のことをまとめて「骨盤底筋群」と呼んでいます。この部分の筋肉は体の中でも普段の生活であまり意識して鍛えることがない部分。しかし、この部分を意識してトレーニングすることによって、骨盤周辺の肛門や尿道、膣などのたるみを引き締めると同時に、骨盤を正しい位置に維持する働きも期待できます。

骨盤底筋群は、立ち仕事などをしていて下半身を良く動かしている人なら、普段の生活の中で十分に鍛えられている部分ですが、デスクワークやパソコンワークなどで長時間座ったままの人は、かなり衰えている部分。座りっぱなしの仕事をしている人の中には、ふと気づいたときには体型が崩れていたり、腰回りやお腹周りがだらしなくたるんでいた、なんてこともあるようです。

普段の生活の中で骨盤底筋群を鍛えることはとても簡単です。筋トレのようなエクササイズをすることもできますし、肛門や尿道、膣などを気が付いた時にキュッと占めることを意識するだけでも十分に鍛えることができます。効率的にトレーニングする場合には、椅子に座った状態で行うよりも、床に座って足の裏を合わせた状態で、肛門、尿道、そして膣を緩めたり力を入れて引き締めるという作業を何回かリピートして行うと良いでしょう。その時、力を緩める時には息をゆっくり吐きだしながら行うと、筋肉に新鮮な酸素が十分に送られるのでさらに効果的です。

スポンサード リンク

このページのトップへ