骨盤矯正のやり方

骨盤矯正のやり方について

毎日の生活習慣の中で少しずつゆがんでしまった骨盤をもとの状態へ改善するやり方には、いろいろな方法があります。整体院に行って強制的にゆがみやずれを矯正してもらう方法もありますし、凝っている筋肉をマッサージでもみほぐすことによって、骨盤を支えている筋肉のバランスを良くするという方法もあります。また、自分自身でヨガやピラティス、ストレッチなどのエクササイズをすることも骨盤矯正の効果が期待できます。

自分で簡単にできる骨盤矯正のやり方をいくつかご紹介しましょう。

まず、自分自身で骨盤がどのぐらいゆがんでいるのかを知ることから始めましょう。目を閉じた状態で片足だけで10秒以上グラグラせずにたっていられるかをチェックしてみてください。右足と左足、両方トライしてみましょう。10秒間できなかった場合には、骨盤のゆがみが考えられます。

また、椅子に座った時に足を組む人は多いのですが、片足だけではなく両方の足で試してみましょう。いつも同じ側の足を組む人なら、もう一方の足を組むと違和感があるでしょうし、骨盤がゆがんでいる人なら痛みを感じることもあります。

骨盤矯正は、どのような方法でも一朝一夕に完治できるわけではありません。毎日の積み重ねで、少しずつ改善していくことが大切です。

誰でも簡単にできる骨盤矯正のやり方は、フラフープ。実際にフラフープを使っても良いですし、ニンテンドーのWiiなどを使ってフラフープをしているつもりもOK。上半身と下半身はできるだけ動かさないように意識しながら、腰だけを右回転したり左回転して骨盤のゆがみを矯正すると良いでしょう。

床に座った状態で足を伸ばし、お尻だけで前進する「お尻歩き」も効果的です。慣れないうちはパンツが擦り切れそうになったりずり落ちそうになりますが、慣れてくれば一度に10歩ぐらいは前進できるようになります。カーペットでは摩擦力が大きくてなかなか難しいので、最初はフローリングやタイルの床から挑戦してくださいね。

スポンサード リンク

このページのトップへ