骨盤矯正ストレッチポール

骨盤矯正ストレッチポールについて

骨盤矯正の方法にはいろいろなものがありますが、ヨガなどで使っているストレッチボールを利用した骨盤矯正法も人気があります。全く何も使わずに骨盤矯正をするよりも、ストレッチボールを使うことによって楽しく運動ができますし、自分が正しくストレッチできているかどうかもチェックできます。

ストレッチボールにはいろいろな大きさがありますが、実際に使用するのは思っているよりもずっと小さなサイズ。ボールの上に座った時に、膝の角度が90度になるような大きさのボールを選びましょう。

骨盤矯正の体操は、ストレッチボールの上に座って体を安定させ、その状態で腰を動かしながらボールを大きく転がします。実際にトライしてみると分かりますが、ストレッチボールは思っているほど動きません。そのボールを意識しながらできるだけ大きく動かせるように、骨盤を上手に動かしてくださいね。前後左右に動かす方法も良いですし、左右にユラユラと動かす方法もアリ。注意したいのは、前後左右に動かす場合、必ず右と左が対象になるように動かすという点と、前と後ろとで対象になるように意識しながら動かすという点です。どちらか一方ばかりに動かしていると、骨盤のゆがみがさらに悪化してしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

猫背で姿勢が悪い人、ハイヒールをいつも履いている人などは、骨盤が前後に傾いている可能性があります。ストレッチボールの上に座ったら前後の動きを意識しながら体操してみてください。また、下半身デブが気になる人や、足の指先が夏でも冷たいような人、出産を経験したことがある人などは、骨盤が左右に少しずれていることも考えられます。高尾場合にはストレッチボールを左右に大きく振りながら、骨盤のゆがみを改善してあげると良いでしょう。この時、両腕は肩の高さに真っすぐあげて、体のバランスを取りながらストレッチするのがポイントです。また、ストレッチボールの上に座って足を前後に開き、ボールで円を描くように動かすのもおすすめです。

スポンサード リンク

このページのトップへ