高血圧ガイドライン

高血圧ガイドラインについて

毎日の生活を行う上でほとんど自覚症状がなく、心筋梗塞や脳梗塞などの発作を起こすまでは自分が高血圧ということを知らずに生活している人も少なくないといわれている高血圧。自宅に血圧測定器を持っていても、具体的にどのぐらいの血圧なら高血圧に分類されるのか、はっきりした線引きが分からないという人も少なくありません。

そんな場合に役立つのが、高血圧ガイドラインです。日本高血圧学会から定期的に発表されているこのガイドラインは、若年層、高齢者、糖尿病や腎臓病などの疾患を抱えている人、脳血管障害を抱えている人などに分類しながら、目安となる血圧のラインが紹介されています。

若年層や中年層、つまり、年金生活をしていない年代の人の場合には、自宅で血圧を測る場合には125/80mmHgぐらいが目安になります。診察室で測定する場合には最大血圧と最小血圧が若干上がることも予想されるので、130/85mmHgぐらいを目安にするとよいでしょう。

高齢者の場合には、自宅なら135/85mmHg,診察室では140/90mmHgを目安にしましょう。とうにょ病患者、慢性腎臓病、心筋梗塞を経験した患者の場合には、自宅での血圧が125/75mmHg,診察室での測定値は130/80mmHgを目安に高血圧かどうかを判断しましょう。

脳血管障害を経験した患者の場合には、自宅での血圧は135/85mmHg、診察室での血圧は140/90mmHgを目安にするとよいでしょう。

自宅での血圧と診察室での血圧の数値に若干のずれがあるのは、自宅では落ち着いてリラックスした環境の中で血圧が測定できるのに対し、診察室では、そこにたどり着く前に体を動かしているので血圧が高くなる傾向にあることと、白衣を見るこで緊張し、精神的な原因によって血圧が上がる場合もあることが考慮されています。

高血圧ガイドラインでは、高血圧と判断するかどうかのラインが紹介されているだけではありません。血圧の正しいはかり方や、高血圧の予防法や治療法なども紹介されています。血圧がすでに高い人にとっては学習できる内容が充実していますし、血圧が高くない人でも知っておくと便利な内容が豊富です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて