肺高血圧とは

肺高血圧について

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれている疾患で、全身のどこで起きても不思議ではありません。その中でも、肺で高血圧が起きると、肺の血圧が高くなり、肺高血圧症と診断されます。肺高血圧症は、高血圧による血管のつまりが肺周辺の肺動脈で起きている疾患で、他の高血圧と同じように、かなり悪化してしまうまでは自覚症状がほとんどないのが大きな特徴です。肺高血圧は、それ自体があまり一般的ではない疾患なので、かかる可能性はそれほど高くはありません。しかし、老若男女関係なく発生するため、若いから大丈夫だと思っていたら肺高血圧を患っていた、なんていうケースもあったりするようです。

肺高血圧は、大きく5つに分類できます。
・肺動脈性高血圧症(PAH)
・呼吸器疾患もしくは低酸素が原因の肺高血圧症
・左心室疾患が原因の肺高血圧症
・慢性決戦が原因の肺高血圧症
・閉塞性疾患による肺高血圧症

この中でも、肺高血圧症と診断される割合が高いのは、肺動脈性高血圧症(PAH)です。このタイプの肺高血圧症は、呼吸が浅くなったり、息切れしやすくなったり、めまいや立ちくらみ、失神、下半身のむくみ、疲れやすい、などの症状があります。

体調不良だなと感じて病院に足を運んだら、そこで血圧を測って肺高血圧だと診断されることも少なくないようです。肺高血圧症かどうかを診断するには、心電図やエコー、右心室カテーテル、6分間の歩行テスト、日常動作機能の評価、など複数の検査によって診断されます。

肺高血圧の治療には、他の疾病が肺高血圧症を引き起こしている場合には、そちらの治療も同時に行うことになります。肺高血圧の治療はまだまだ研究段階で、いろいろな治療薬を試している段階のようですが近年では肺の血管を広げることで高血圧を緩和する治療薬が開発され、効果が出ているようです。服用薬ではなく、注射や点滴などで血液に直接薬剤を注入する治療方法が一般的なようですね。

そのほかにも、喫煙などの生活習慣は直ちに改善芯ければいけませんし、肺に負担をかけるスポーツや妊娠なども制限されます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて