高血圧を予防するには

高血圧の予防について

高血圧は、老若男女を問わずに誰でも起こる可能性を秘めている疾患です。しかし、加齢に伴ってどうしても血管が老化現象を起こし、高血圧になりやすくなってしまいますから、アラサーやアラフォーを迎えた世代は、普段の生活の中で高血圧にならないような予防策を講じる必要があります。

高血圧を予防するにはたくさんの方法があります。

・生活習慣
最も大切なのは、睡眠時間を十分に確保すること。人間の体は睡眠時間に新陳代謝が行われます。新しい細胞が作られたり、血管や内臓器官などもリセットされるのが睡眠中。高血圧予防のためだけではなく、健康維持や美容のためにも睡眠時間は必ず6時間から7時間は確保するようにしましょう。

・ストレスをため込まない
ストレスは万病の元。ストレスが原因で血圧が高くなることは珍しくありませんし、急にカッとして血圧が急上昇すると、それが心不全や脳梗塞などの発作を引き起こすこともあるので気を付けなければいけません。

・減量
肥満になると血液中の脂質量もアップします。血液中の脂肪はヘドロのように血管壁にこびりつき、それが血液の通り道を狭くし、高血圧の状態を作り出してしまいます。高血圧を改善するには減量して血液の質を良くすることも大きな効果が期待できます。どのくらいの体重が理想的なのかというと、ウエストは85センチを目安にするのが理想的と言われています。

・運動
定期的に体を動かし、体内の脂質を燃焼する時間を毎日少しでも良いので確保するようにしましょう。自宅から駅まで歩くだけでも十分な運動になりますし、駅ではエスカレーターではなく階段を使うだけでも運動となります。体を動かすことによって体内の脂質が燃焼されるので、血液の質がアップして高血圧になりにくい体質を作ることができます。

・早期発見
自覚症状がまったくない高血圧ですから、自分で意識して見つけようという気がなければ、かなり悪化するまで放置することになってしまいます。高血圧は早期発見すれば早期治療ができ、心不全や脳梗塞などのリスクも低く抑えることができます。定期的に健康診断を受けることは、高血圧の早期発見にもつながります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて