高血圧の数値

高血圧の数値について

国内に3000万人も存在しているといわれている高血圧は、日本人の食生活や生活習慣と深いかかわりがある国民病と言っても過言ではありません。生活習慣病が気になる年齢になると、高血圧にも気を付けたいものですが、具体的にどのぐらいの血圧なら、高血圧という部類に入るのかご存知ですか?

血圧を測定すると、最大血圧と最小血圧の二つの値が測定されます。病院で血圧を測定した時でも看護師の人は「120と80です」など、数字を二つ読み上げます。高血圧かどうかを判断するためには、最大血圧と最小血圧、どちらの数値もとても重要になります。

最大血圧が130mmHg〜140mmHgよりも高いと高血圧と診断されます。また、最大血圧がこの数値より少なくても、最小血圧が90mmHgよりも高い場合にも高血圧となります。どちらの数値も高血圧の範囲より下なら、通常ということになります。この数値は国によっても基準が多少異なりますし、高血圧ギリギリの数値の場合の対処法なども、そのドクターによって多少異なります。また、体温と同じように血圧には個人差もあるので、同じ数値の血圧でも、重症の高血圧の場合もあれば、比較的そうでもない人もいたりします。

高血圧には、最大血圧が高いタイプのものと、最小血圧が高いタイプのものがあります。どちらも数値が高ければ動脈硬化や心筋梗塞など命にかかわる発作を起こすリスクが高くなるので心配なのですが、このうち、最小血圧が高いタイプの高血圧には心配が必要です。最大血圧は心臓のポンプ機能の強さを測定できる数値なのに対し、最小血圧は血管の粘度を反映している数値なので、最小血圧が高いということは、血管がもろくて破れやすい状態にあるということにもなってしまいます。そのため、最小血圧が高いタイプの高血圧は、すぐに治療を始めることが多いようですね。

ちなみに、最大血圧が高血圧ギリギリラインだった場合には、治療を始めるケースもあれば、食生活や生活習慣を改善するように指導されるだけのケースもあります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて