高血圧脳症の予防

高血圧脳症の予防について

血流の圧力が高くなることによって起きる高血圧は、脳の付近で起きると高血圧脳症を引き起こすリスクがあるので気を付けなければいけません。高血圧脳症とは、脳内の血流が異常に増えることによって脳がむくんでしまう症状で、はっきりとした自覚症状を起こすまでは他の高血圧と同じように、自分自身では気づきにくいようです。

高血圧脳症によって起きる症状には、頭痛やけいれん、意識障害、吐き気、視力障碍などがあります。最初は慢性的な頭痛や吐き気などから始まり、それが高血圧が進行するにつれて嘔吐しやすくなってしまいます。この段階でほとんどの人は病院に行くのですが、其れでも放置してしまうと、意識障害やけいれんなどを起こしやすくなってしまいます。

高血圧脳症は、放置しても自然治癒することがありません。放置すればどんどん症状が悪化するだけですし、最悪の場合には脳出血や腎不全などを起こして死亡することも少なくないようです。体調不良だなと感じた時点ですぐに医師の診察を受けることが必要です。

高血圧脳症では、血圧が著しく高くなっているだけでなく、最低血圧が120mmHgととても高いことも特徴です。頭部のMRIやCTスキャンなどを取ると、脳の部分がむくんでいることが確認できますが、出血や脳梗塞の症状などはほとんど見つからないことが多いようです。

高血圧脳症と診断されると、速やかに血圧を下げる治療が必要になります。様子を見ましょうということは、まずありません。スピーディに降圧するための薬物治療がおこなわれますが、自宅で飲める服用薬ではなく、病院に足を運んで注射による降圧剤の投与が一般的になります。また、脳がむくんでいるため、そのむくみを取り除く抗脳浮腫薬が処方されたり、脳がすでにけいれんを起こしている場合には、抗けいれん薬なども処方されます。

明らかに体調不良だと自覚症状に気づくまでに時間がかかることも多い高血圧脳症。疲れやストレスなどで頭痛を慢性的に抱えている人も少なくありませんが、頭痛と吐き気が慢性的に続いていたり、リラックスしても収まらないような場合には、直ちに医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて