高血圧 の基準

高血圧 の基準について

どのぐらいの血圧が「高血圧」と診断されるのか、どのぐらいの高血圧だと降圧剤を使って治療を行わなければいけないのか、興味がある人も少なくないはず。老化現象に伴って誰でも血管の収縮機能が低下してしまいますし、血管の弾力性も失われてくるため、誰でも少しずつ高血圧になりやすい体質となってしまいます。

どのぐらいの数値なら高血圧と診断されるのかは、どの国でも世界保健機構による基準が採用されているようです。以前は、最大血圧が140mmHg以上で最低血圧が90mmHg以上というのが高血圧と診断される基準となっていたようですが、世界的に食生活や生活習慣などが激変している要因なども考慮し、1999年からは高血圧が120mmHg以上で最低血圧が80mmHg以上の場合には高血圧と診断されるように、数値が改定されています。そのため、現在では、この基準をもとに、高血圧かどうかが判断されるようですね。

最大血圧120mmHg 以上、最低血圧80mmHg以上といっても、どのぐらい数値がオーバーしているのかによっても、高血圧のレベルが変わってきます。基準ラインギリギリの場合には、高血圧予備軍として、自宅での食事療法や運動療法を始めるように指導されることが多いようですし、基準のラインを少し超えた程度でも、自宅での食事療法と運動療法が治療方法として選択されることが多いようです。

最大血圧が180mmHg以上、最低血圧が110mmHg以上になると、かなり重症の高血圧となります。この場合には、脳卒中や心筋梗塞、心不全などの発作を起こすリスクがぐんと高くなってしまうため、すぐに治療を始める必要があり、入院治療が行われます。入院することによって24時間体制で血圧を管理できるだけでなく、発作が起きないように観察することもできるため、血圧がある程度下がるまでは入院治療を続けることが一般的な治療法となるようです。

入院による降圧治療を行っても、健康なレベルの血圧まで降圧できるというわけではありません。降圧治療の目標は、最大血圧が150mmHg 前後、最低血圧は90mmHg前後になることを目標にすることが多いようです。もちろん、年齢的な要素も考慮されますし、その人の以前の血圧なども考慮され、目標とする血圧が設定されます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて