高血圧と塩分

高血圧と塩分について

日本の国民病とも言われている高血圧は、血流の圧力が高くなってしまうことによって引き起こされる疾患です。高血圧を引き起こす原因は千差万別で、生活習慣や食生活が原因で血圧が高くなってしまうケースが、日本における高血圧患者の95%を占めているといわれています。

高血圧いうとまず思い浮かぶのが「塩分の過剰摂取」ではないでしょうか。人間の体内には塩分も必要不可欠な成分なので、まったく体内に塩分がないというのも理想的ではありません。人間の健康を考えた理想的な一日の塩分摂取量は10g以下といわれていて、目安としては小さじ1杯ぐらいの量になります。

現代人の食生活の中には、塩分と認識して摂取しているもの以外にも、あらゆるところに塩分が含まれています。塩、味噌、醤油などの調味料は、塩分の味がするのですぐにわかりますが、焼き肉のたれ、ソース、マヨネーズなどにも塩分がかなり含まれています。つまり、私たちは気が付かないうちに、塩分を過剰摂取していることになっているわけですね。

塩分を過剰摂取すると、血液中に塩分が多くなるために血液の塩分濃度が高くなり、それを薄めるために体内から水分が血液中に流れ込みます。それによって血液量が増え、それが高血圧へとつながります。味付けの濃い食生活をすると喉が渇いたり、食欲旺盛になるというのは、塩分の働きによるところも大きいのです。

塩分が高血圧を引き起こすことは、多くの人が認識しています。しかし、実際には、人間には塩分に対する反応に2種類あり、塩分を過剰摂取することで高血圧を引き起こす体質もいれば、塩分の摂取量と血圧が無関係な体質もいるのだそうです。ちなみに日本人の60%は、塩分摂取量と血圧が比例しない体質だといわれています。

自分がどちらのタイプに属しているのかは生まれた時に決まることもありますが、年齢や肥満度、糖尿病や腎疾患の有無、ストレスなどの要因によっても異なります。もともとは塩分摂取量が血圧に関係あしなかった人でも、これらの要因によって塩分が血圧を高くする可能性もあるというわけですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて