高血圧と肩こりの症状

高血圧と肩こりの症状について

現代病とも言われている肩こり。肩こりは、長時間デスクワークやパソコンワークなどで同じ姿勢をキープしていれば健康な人にも起こる症状ですが、高血圧が肩こりを引き起こすこともあります。

筋肉のコリが原因で起こっている肩こりは、筋肉をリラックスさせることによって解消されます。しかし、頑固すぎる肩こりや、リラックスしても一向に改善されない肩こり、思い当たる節がないのにひどい肩こりに悩まされているような場合には、もしかしたら高血圧が原因で肩コリが起きているのかもしれません。

慢性的にひどい肩こりで悩まされていると、マッサージを受けて肩こりをほぐしたくなるものです。筋肉のコリが原因の肩こりは、マッサージを受けることによってコリも解消できてスッキリできますが、高血圧が肩こりを引き起こしている場合には、いきなりマッサージすると、血圧がさらに高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

高血圧による肩こりをマッサージでほぐしたい場合には、マッサージを行うタイミングが大切です。血圧を測定できる場合には測定し、血圧があまり高くないタイミングでマッサージをするのが良いでしょう。血圧計が近くにない場合には、呼吸や脈拍などが落ち着いているタイミングでマッサージを行うのが良いようです。そして、マッサージをする際にも、いきなり強力なマッサージをするのはNGです。最初はあまり力を入れずに優しく行い、血圧が上がりすぎないように力加減をしながらマッサージするとよいでしょう。 ここで注意したいのは、若い人なら肩こりの原因を追究することができても、シニア世代の肩こりは、原因もより複雑になっているため、一概に高血圧による肩こりかどうかを判断しにくいという点です。シニア世代の肩こりは、筋肉の老化現象によって筋肉がこりやすくなっていることに加え、血管の老化現象によって高血圧になりやすくなっていることなど、高血圧も含めていろいろな要因が複雑に絡み合って起こる場合も少なくありません。

そのため、肩が凝ったからと自己判断でマッサージを受けたりせずに、まずはかかりつけの医師に相談し、マッサージをしてもよいタイプの肩こりかどうかを判断することが必要です。また、ほかに治療法があるかもしれませんから、慢性的な肩こりで悩んでいる場合には、医師に相談してみてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて