早朝高血圧

早朝高血圧について

早朝高血圧ってご存知ですか?人間は寝ている間にも汗をかいたりして水分が失われていきます。起きている時なら適度に水分補給ができますが、寝ている間には水分補給も行わないため、起きたばかりの時間帯には体内の水分量がとても少なくなっています。そのため、朝起きたばかりの早朝には、血圧がどうしても高くなってしまうことが多いようです。

早朝に血圧が高くなってしまうことには、ほかにも理由があります。人間は目覚めるとともに、交感神経の活動が活発になります。そうすると、ノルアドレナリンという成分が大量に分泌され、それが血圧を上げてしまうことにもつながります。

血圧が高くなるという症状は、高血圧でなくても健康な人の場合にも起こります。しかし、高血圧を持っている人にとっては、早朝に血圧がぐんと高くなってしまうことによって、心筋梗塞や脳卒中などの発作が起こるリスクが高くなってしまいますから、注意が必要です。実際に、脳梗塞や心筋梗塞などの発作が起きる時間帯は、ほかの時間帯よりも3倍もリスクが高くなることが分かっています。

自分ではっきりとした自覚症状がほとんどない高血圧は、自分自身が高血圧だと認識することなく普段生活している人もたくさんいます。そういう人は高血圧の薬を服用しているわけではありませんから、早朝の高血圧によって、こうした発作も起こりやすいというリスクがあります。

早朝の高血圧による発作を予防するためには、健康な人も降圧剤を服用している人も、自宅に血圧計を置いておき、毎朝きちんと血圧をチェックするようにしましょう。早朝時には血圧が自然と高くなりますから、健康な人でも早朝に血圧チェックをすることで、自分が高血圧なのかどうかを判断することができます。

また、降圧剤を服用いている人は、医師に相談しながら、夜寝る前に降圧剤を服用したり、24時間だけ効力がある薬ではなく48時間という効力が長い薬を処方してもらうなど、工夫するとよいでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高血圧対策館]について

高血圧の原因や症状、数値の基礎知識をはじめとして、初期治療や運動療法等の対策方法に、高血圧に良い食べ物やレシピ、サプリメントの紹介や、耳鳴り/肩こり/いびき/ストレス/めまい等の各症状についての関係まで、高血圧についてありとあらゆることを幅広く奥深くまで解説した「高血圧総合情報サイト」です。これから高血圧について知りたい人達にとってもわかりやすい解説でお届けしておりますのでどうぞご覧になってくださいね♪
フィットネスジャパンHealthcare [高血圧対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ
高血圧基礎知識
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の症状
高血圧ガイドライン
高血圧の数値
高血圧の数値表
高血圧を対策するには
高血圧の予防と対策
高血圧を予防するには
高血圧の初期治療
高血圧改善のための運動
高血圧治療のための運動療法
お茶での高血圧対策
高血圧治療薬の種類
サプリメントによる高血圧治療
酢で高血圧対策
コーヒーと高血圧の関係
産後の高血圧の原因と対策
高血圧に効く温泉
高血圧改善が期待できる温泉
高血圧と食事
高血圧時の食事
高血圧に良い食べ物
高血圧時のレシピ
高血圧におすすめの食事メニュー
高血圧と症状
高血圧と頭痛について
高血圧によるめまい
高血圧と耳鳴り
高血圧と肩こりの症状
高血圧といびき
様々な高血圧
高血圧性心不全とは
妊娠高血圧について
本態性高血圧とは
二次性高血圧とは
悪性高血圧とは
腎性高血圧について
仮面高血圧とは
白衣高血圧とは
若年性高血圧の原因と治療
夜間高血圧について
早朝高血圧について
肺高血圧について
高血圧の原因〜アルコール性高血圧
高血圧脳症の予防
腎血管性高血圧とは
高血圧マメ知識
高血圧と塩分について
ストレスと高血圧
高血圧と検尿について
高血圧緊急症と診断された場合
糖尿病と高血圧を併発
高血圧と冬の気温の寒さについて