高尿酸血症とは

高尿酸血症について

高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が異常に高くなってしまう症状のことです。そもそも尿酸は、健康な体にも含まれている成分で、抗酸化作用によって血液中の活性酸素などを撃退してくれる役割をしています。そして、通常の場合には血液のフィルター的な役割をしている腎臓によって、血液中のほとんどの尿酸はここで体外に排出されますが、一部は再び血管から吸収されて、再び体内の血液に戻されます。

腎臓機能が正常に機能していれば、血液中に含まれている尿酸の量は適量にコントロールされています。食生活などが原因で少し血液中の尿酸が多くなった場合でも、度を越えた量の尿酸でなければ、腎臓が体外に排出してくれます。しかし、血液中の尿酸が過剰に増えすぎてしまった場合や、フィルター機能をしている腎臓の機能が低下してしまった場合などには、血液中の尿酸が体外に排出されにくくなるため、高尿酸血症を起こしやすくなってしまいます。

高尿酸血症は、遺伝や肥満などが原因で起きるケースもありますが、多くの場合には、食生活が原因といわれています。戦前の貧しい時代には、高尿酸血症は「贅沢病」とも呼ばれていたほど、食生活と大きな関係があるのが、この疾患の特徴ですね。

高尿酸血症を引き起こす尿酸は、肉や魚の内臓部分に含まれているプリン体が原因です。鳥や豚、牛のレバー、イクラや筋子、フォアグラ、キャビアなどの魚卵、そしてイワシやアジの干物などを良く食べる人は、体型にかかわらず高尿酸血症を発症しやすいといえるでしょう。食べ物によってプリン体を摂取するのが高尿酸血症直接の原因となることが多いは、食事療法でプリン体の摂取を制限すれば、高尿酸血症の症状も軽減できることが多いようです。

しかし、血液中の尿酸を高くしてしまうアルコールや食事の習慣なども、高尿酸血症と診断されたら気を付けなければいけません。血糖値が上がったり、血圧が上がるような生活習慣や食事の習慣は、血液中の尿酸値も上げてしまいますから、プリン体を含んでいる食材を控えるだけではなく、毎日の生活の中でも規則正しく、栄養バランスを考えて食事をすることが大切ですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ