高尿酸血症の診断基準

高尿酸血症の診断基準について

高尿酸血症は、血液中の尿酸値が異常に高くなってしまう症状のこと。そのため、血液検査をすることで高尿酸血症かどうかを診断することができます。

血液中に含まれている尿酸値、つまり血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、医学的に高尿酸血症と診断されます。しかし、女性の場合には尿酸値が6.2mg/dlを超えると心血管に大きな負担をかけてしまうリスクが高くなるため、この数値を基準にして治療をスタートすることもあるようです。生活習慣病などは、年齢や体重などによって、疾患と診断される基準が異なりますが、高尿酸血症の場合には、老若男女を問わず、一定の診断基準が設けられています。

健康診断などで高尿酸血症と診断された場合には、合併症を引き起こしていないかどうかも検査することが多いようです。高尿酸血症には、尿酸を作っているプリン体を過剰摂取していることが原因か、尿酸を体外に排出できない腎臓機能低下が原因かによっても治療方針が異なります。腎障害が起きている場合には、尿路結石などの検査も行うことが多いようですね。そのほかにも、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の検査も併せて行われます。

食事による高尿酸血症と診断された場合には、尿酸値によって食事療法が指導される場合と、薬物を使って外来治療を始める場合があります。食事療法では、尿酸を作っているプリン体を含む食材は徹底的に避ける指導を受けるとともに、血糖値や血圧が高くならない食事法や食べ方、食事の量なども指導されます。尿酸値を高くしてしまうアルコールも基本的にはNGとなります。ちなみに、一度の食事で食べる量を少なくし、食べる回数を増やしたほうが、血液中の尿酸値を抑制する効果があるといわれています。

魚や肉の内臓部分に多く含まれているプリン体は、ビールにも多く含まれていることが分かっています。内臓系の食材は食べていないのに高尿酸血症になってしまったという場合には、もしかしたらビールの過剰摂取も考えられるかもしれませんね。生活習慣や食生活を改善して、高尿酸血症を予防するようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ