高尿酸血症 と遺伝の関係

高尿酸血症 と遺伝の関係について

高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、遺伝的な要因もありますが、生活習慣や食生活が原因で発症リスクがぐんと高くなってしまう疾患です。高尿酸血症も同じで、どんなに気を付けていても遺伝によって発症することはあります。しかし、食生活を気を付けることによって、高尿酸血症を発症せずに一生を終えることも不可能ではありません。

私たちの体は無数の細胞から作られています。その一つ一つの細胞には遺伝子と呼ばれる成分が入っていて、その核の部分である核酸に、高尿酸血症の原因となる尿酸が含まれています。健康な人の体内にも必ず尿酸は含まれているのですが、通常の場合には血液中の尿酸は腎臓というフィルター機能によって、過剰な分は体外に排出される仕組みになってします。腎臓のフィルターを通しても、一部分は再び血管から体内に吸収されるのですが、血液中の過剰な尿酸はすべて体外に排出されていきます。

しかし、血液中の尿酸の量が多すぎたり、腎臓機能が低下していると、本来なら排出されるはずの尿酸が排出されずに、再び血液中に戻されてしまいます。それが高尿酸血症ですね。

遺伝的な要因によって尿酸が人より多めだったり、腎臓機能が低下しやすいということはあるかもしれません。しかし、高尿酸血症を引き起こす原因の多くは、食生活によってプリン体を過剰摂取していることを考えると、同じ食生活をしている家族が同じ疾患にかかりやすい事実は、遺伝でなくてもうなづけますね。

家族の多くが高尿酸血症や痛風になっていても、自分自身の食生活や生活習慣を見直すことによって高尿酸血症、になりにくい体を作ることができます。肉や魚の内臓系はできるだけ避けるような食生活を心がけたり、血液中の尿酸を増やしてしまうアルコールも控えたりするのもよいでしょう。ストレスや疲労によっても尿酸が増えてしまうので、規則正しい生活で十分な睡眠時間を確保したり、ストレス解消のために運動をするのもおすすめです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ