高尿酸血症の治療方法

高尿酸血症の治療方法について

高尿酸血症と判断されると、どのぐらい高尿酸血症が進行しているかによって治療方針が決定されます。高尿酸血症と診断されるためには血液中の尿酸値が7.0mg/dl以上ということになりますが、この数値の前後ぐらいの場合には、食事療法や運動療法などを指導されて、自宅での治療を行うことになります。

・食事療法
プリン体をできるだけ体内に摂取しないように心がけることが必要です。肉や魚の内臓部分に多く含まれているプリン体は、レバーやホルモンなどにたくさん含まれているので注意が必要です。ヘルシーで低カロリーに見える魚でも、内臓をそのまま食べるような干物系や魚卵系は、プリン体が多く含まれているので注意しましょう。肉や魚以外の野菜などにもプリン体は含まれていたりしますが、量はごくわずかなので気にする必要はありません。

また、血液中の尿酸値を上げるような嗜好品も、できるだけ控えなければいけません。アルコールは利尿作用がありますが、血液中の尿酸値が上がるのでNG。同じ利尿作用が期待できる水分でも、ミネラルウォーター系の水分補給は、尿酸の排泄を促進してくれるのでOKです。

・運動療法
筋肉の細胞を破壊するような筋トレ系のスポーツは、細胞が破壊されることによって血液中の尿酸が増えてしまうので、できるだけ控えるようにしましょう。肥満を解消するためには運動は何よりも治療法ですが、高尿酸血症の場合の運動は、できるだけ激しくないマイルドなスポーツを行うことが必要になります。ヨガやウォーキング程度に運動量は抑えておくとよいでしょう。

・薬物療法
血液中の尿酸値が8.0mg/dlを超えてしまうと、自宅での食事療法や運動療法だけでは尿酸を減らすことが難しくなってしまうため、病院で薬物療法がおこなわれます。薬物療法では、尿酸の生成を抑える作用がある薬や、尿酸の排泄を促進する薬、尿酸が痛風に発展しないように症状の進行を抑える薬などを使って治療が行われます。どのタイプの薬が使用されるのかは、ケースバイケースです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ