高尿酸血症と腎機能障害

高尿酸血症と腎機能障害について

高尿酸血症とは、血液の中に尿酸が過剰に存在してしまう疾患です。尿酸は健康な人の血液にも含まれている成分なので、血液中に尿酸が含まれていることに関しては問題ありません。しかし、健康な人の場合、血液中の尿酸は腎臓という体内フィルターを通し、ほとんどの部分は体外に尿として排出されていきます。すべての尿酸が体外に排出されるというわけではなく、一部分は腎臓のフィルターを通した後、再び尿酸として血液中に吸収されていくため、血液中から完全に尿酸をなくしてしまうことは不可能です。

血液中の尿酸の量をコントロールしながら、過剰な分は尿として排出する機能を持っている腎臓は、高尿酸血症と大きな関係があります。もし腎臓の機能が正常に働かなくなってしまう腎機能障害になってしまった場合には、血液中の尿酸が体外に府は移出されなくなってしまうため、尿酸値がどんどん高くなってしまい、高尿酸血症の症状に陥ってしまいます。

血液中の尿酸値が高くなってしまうと、過剰な尿酸が結晶を作り、それが関節部分に蓄積されることで炎症が起きてしまいます。それが、痛風ですね。

腎機能障害になると、血液中の尿素だけではなく、体内に毒素をフィルターにかけて排出する機能が正常に働かなくなってしまうため、体のいろいろな部分に不具合が生じ、いろいろな疾患を引き起こしてしまいます。それぞれの疾患や疾病に対して治療をすることもできますが、腎機能が原因で起きている疾患に対しては、根本的な原因でもある腎臓の機能を回復することが根本的な解決にもつながるので、高尿酸血症などの症状を軽減する治療もおこないながら、腎疾患の治療を優先して行うことが多いようです。

高尿酸血症の治療は、できるだけ早期発見して早期治療をすることが大切です。軽度のうちなら食事療法や運動療法など、自宅での治療や生活習慣に気を付けることだけで完治できる場合もあるので、重度にならないうちに治療するようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ