サプリによる高尿酸血症予防

サプリによる高尿酸血症予防について

血液中の尿酸値が高くなってしまう高尿酸血症。肉や魚の内臓部分にたくさん含まれているプリン体という成分がもたらす疾患で、魚卵やホルモンなどグルメな食生活を送っている人は特に注意が必要な疾患です。昔なら高尿酸血症や痛風などは「贅沢病」なんて呼ばれることもあったようですが、最近では誰もがおいしい食生活を楽しめるようになったこともあり、誰でもかかりやすくなっている疾患です。

高尿酸血症を予防するためには、食生活を見直すことも大切です。遺伝や肥満によって高尿酸血症が引き起こされるケースもありますが、内臓を丸ごと食べることができる魚、レバーなど肉の内臓部分を好む食生活をしている人は、食生活を見直して、こうした食材をできるだけ食べないようにすることによっても予防できます。

外食が多い人、アルコールの摂取が頻繁な人、高たんぱく・高カロリーの食生活をしている人などは、健康診断で高尿酸血症と診断されてしまってからでは治療が大変ですから、できるだけそうならないように普段の生活に気を使ったほうが良いでしょう。

高尿酸血症の予防や尿酸値の低下には、サプリメントを利用するのもおすすめです。高尿酸血症の原因となる血液中の尿酸は、過剰に増加してしまうと、関節部分に結晶を作り、炎暑を起こしてしまうこともあります。痛風ですね。高尿酸血症を予防するためのサプリは、そんな炎症を鎮火してくれる作用を持つEPAや抗酸化作用が強いビタミンEなどが効果的です。

また、抗酸化成分の代表とも言われているビタミンCも有効です。ビタミンCには尿酸の生成を抑える働きがあるため、定期的にビタミンCを血液中に投入してあげれば、尿酸値が高くなりにくい血液を作ることができます。ここ歴を付けたいのは、ビタミンCは、痛風などの症状が起きていない「予防策」として摂取するなら大きな効果が期待できても、痛風の症状が起きてから摂取すると、痛風発作などを引き起こす可能性が高くなるのでNGという点です。予防策としてビタミンCはおすすめですが、治療薬としては効果がないどころかマイナスに働きてしまうので気を付けてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ