高尿酸血症とアルコール

高尿酸血症とアルコールについて

昭和の時代には「贅沢病」なんて呼ばれていたこともある高尿酸血症ですが、近年では誰もがグルメな食材を楽しめるようになっているため、高尿酸血症は国民病として、誰もがかかる可能性を持つ疾病となりました。

血液中の尿酸が増えてしまう高尿酸血症は、魚や肉の内臓部分に含まれているプリン体が原因となることが多いようです。しかし、プリン体は魚や肉だけに含まれているだけでなく、食事の食べ方や栄養バランスなどによっても血液中で増加しやすくなってしまうので気を付けなければいけません。健康診断で高尿酸血症と診断されても、症状が軽度の場合には自宅での食事療法や運動療法が中心となるため、普段の生活習慣の中で知らないうちに尿酸値を高くなるような行動をしているかもしれません。いきなり痛風の発作が起きることもありますから、毎日の生活の中で気を付けられる部分は気を付けたいですね。

その中でも特に気を付けたいのがアルコールです。肉や魚の内臓部分を避けることは誰もが気を付けられるのですが、アルコールを摂取することによって血液中の尿酸値が急激に高くなることは、意外と知られていません。アルコールの中でも特にビールは、プリン体をたくさん含んでいるため、ビールをたくさん飲ンだりすると、プリン体によって尿酸値がアップ、アルコールの働きによって尿酸値がさらに高くなり、痛風の発作リスクが一気に高くなってしまいます。

痛風の発作が起きると何がどのようになるのでしょうか?

痛風の発作が起きると、痛風が起きている部分の関節が腫れ、熱を伴う痛みが起きます。我慢できる痛みの場合もあるようですが、我慢できないほど激しい痛みを感じることもあります。ちなみに、痛風が起きるのは手足の関節が一般的です。24時間をピークにして痛みは少しずつ治まり、1週間から2週間で自然に痛みは治まっていくようです。しかし、自然に治癒するからと痛風を放置しておくと、関節部分に尿酸の結晶がどんどん蓄積されて、腫れていきますから、痛風の発作が起きたらすぐに治療するようにしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ