高尿酸血症の予防法

高尿酸血症の予防法について

血液中の尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。病院で薬物治療が必要になるのは尿酸値が8.0mg/dlですから、この二つの数値の間の場合には、自宅で食事療法や運動療法によって尿酸値を下げるための指導が行われます。

血液中の尿酸は、運動をすることによって細胞が破壊されてしまってもプリン体が生成されて尿酸値も高くなってしまいます。そのため、メタボ疾患の治療などでは積極的に運動することを指導されるのですが、高尿酸血症の場合には、あまり疲れすぎないマイルドな運動にとどめておかなければいけません。筋トレなど筋肉の細胞を意図的に破壊するようなエクササイズは、高尿酸血症の治療としてはNGです。

高尿酸血症と診断されたり、高尿酸血症気味と診断された場合には、まず生活習慣や食生活を見直し、血液中の尿酸値が高くなる原因は徹底的に取り除くことが必要です。例えば、尿酸値を高くするアルコールの摂取は控えたり、アルコールを飲む際にはプリン体が多く含まれているビールは避け、ほかのものにするなど、ちょっとした工夫で血液中のプリン体摂取量を減らすことができます。

そして、高尿酸血症の予防で何よりも大切なのは、食生活。いくら、すじこ、キャビア、フォアグラなどの魚卵系グルメが好きな人は、プリン体も他の人達より多く摂取していることになるので、できるだけ魚卵や内臓系の食材は控えるようにしましょう。

低カロリーで栄養成分も高いといわれている魚の干物も、実は魚の内臓を丸ごと食べているので、高尿酸血症の予防にはおすすめではない食材です。肉のレバーもNGですね。

食材に気を配ることも大切ですが、尿酸値が血液中で高くなりすぎないような食べ方をすることも大切です。一回の食事の量が多すぎたり、偏った食生活をしたり、栄養バランスが偏っていたりすると、食事をした時に血液中の尿酸値が急激に高くなってしまうのでNG。一度の食事量は少なめにし、一日にきちんと3食食べるように心がけましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高尿酸血症対策館]について

高尿酸血症の原因や治療方法の基礎知識をはじめ、診断基準やガイドラインの紹介、運動やサプリ等の対策方法や、腎機能障害や合併症との関係の解説等など、高尿酸血症について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。高尿酸血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高尿酸血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ