瞼(まぶた)と眼の病気

瞼(まぶた)と眼の病気について

眼球を覆っている瞼(まぶた)には、眼球を保護する役割があります。まぶたは皮膚で、筋肉によって瞼が開いたり閉じたりします。この筋肉が眼瞼挙筋とよばれる筋肉で、年齢とともに働きが低下してしまうと、瞼を思うように持ち上げることができなくなり、目をしっかり開けていられないという病気になることがあります。それが、眼瞼下垂と呼ばれる目の病気です。

・眼瞼下垂 瞼の筋肉が加齢によって低下するために、瞼がはっきりとあけられなくなってしまう病気。まぶたが十分にあけられないため、コンタクトを入れるのも難しくなったり、視野が狭くなって日常生活に支障をきたすこともあるようです。視力には影響ないと言われていますが、視野が狭くなって審美的にも気になる人が多く、たるんでいる部分の皮膚を取り除いて筋肉同士をつなげるという手術が行われることも多いようです。

・眼瞼内反 まぶたが内側に反り返ってしまう病気。まぶたが反り返ることによってまつ毛が眼球に当たってしまうため、違和感や異物感が続き、涙が止まらなくなったりします。結膜炎や角膜炎にもなりやすくなってしまうため、こちらも手術によって治療が行われることが多いようです。

・睫毛内反 逆さまつ毛と呼ばれている病気です。まぶたではなくまつ毛が内側に沿ってしまうために角膜や結膜が炎症を起こしやすくなりますし、患者さん本人も異物感で日常生活に支障をきたすほどのストレスを感じることが多いようです。子供の場合には、成長とともに自然治癒することも多いのですが、大人になっても治癒しない場合には、手術によってまつ毛が眼球に当たらないような治療が行われます。

・兎眼(とがん) 目を閉じても瞼が完全に閉じない病気。まぶたが外側にめくれたりして眼球が飛び出してしまったり、目元の手術が原因で起きることもあります。また、顔面の筋肉や神経が麻痺しても起きることがあります。目を閉じることができないためにドライアイが進行し、角膜炎や潰瘍を起こしやすくなるため、早急に治療が必要となります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ