眼にできる腫瘍

眼にできる腫瘍について

私たちの体はすべてのパーツが細胞によって作られています。目も細胞から作られているため、その細胞の中に腫瘍細胞が作られてしまうと、そこから腫瘍が広がったりする可能性もあります。目にできる腫瘍は、目のいろいろな部分に生成される可能性があります。まぶた、結膜、ブドウ膜、視神経、眼窩など、腫瘍はどこに作られても不思議ではありません。良性の場合には放置していても広がったり悪性のがんに変わるリスクがないので、日常生活に支障がなければそのまま放置することもあるようです。しかし、悪性の場合には、全身に転移してしまう可能性があるため、早期に治療をすることが必要になります。

目にできる腫瘍の治療は、腫瘍のタイプや種類によって治療法が異なります。例えば結膜部分にできる腫瘍では、扁平上皮ガンなら患部を取り除く手術が行われたり、点眼薬の抗がん剤が使用されることも多いようです。一方、メラノーマタイプの場合には、点眼薬の抗がん剤治療が行われるケースもあるようですが、患部を切除しても転移しやすいため、眼球ごと除去する手術が選択荒れることも少なくありません。

腫瘍は、生活習慣やストレス、食生活など日常生活の積み重ねによっておこりやすいため、子供よりも大人のほうが圧倒的に腫瘍ができるリスクは高いものです。しかし、子供にも起こりやすい腫瘍もあります。目におこる腫瘍の中では、ブドウ膜に腫瘍が生成されてしまう網膜芽細胞腫とよばれるガンがあります。この病気は3歳未満の小さな子供がかかりやすいガンで、視力が低下したり斜視になったりするだけでなく、瞳が白く濁ってしまう症状が起きます。以前では眼球をそのまま除去するしか治療法はありませんでしたが、近年では医学も発展しているので、早期発見できれば化学療法や温熱療法などの治療によって、眼球を除去しなくても治療できるケースが増えています。

私達が「見る」という作業をするためには、目は大きな役割を担っています。目が少しでもおかしいなと感じたら、できるだけ早期に専門家を受診するようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ