老人の眼の病気

老人の眼の病気について

加齢によっておこりやすくなる目の病気には、飛蚊症や緑内障、白内障などがあります。これらは加齢が原因となって引き起こされる病気のため、加齢を止めることができない限りは完治することも難しいというのが現状。放置しておくと日常生活に支障が出たり、最悪の場合には失明してしまうリスクもある病気もありますが、早期に治療を始めれば、症状の進行を遅くする治療を行うことができます。

・飛蚊症
ある日突然、視界に虫やゴミのような黒い物体がたくさん現れる症状です。これは、ゼリー状になっている眼のレンズである硝子体にゴミが写ってしまうことが原因で、誰にも予防することができません。飛蚊症になると、視界にゴミがたくさん見えるだけではなく、網膜に穴が開いてしまうこともあるため、放置しないで早急に専門家を受診することが必要です。ゴミが見える症状なら点眼薬で症状を抑えることができますし、感染しないように適切な治療を行うことによって失明を防ぐこともできます。

・白内障
加齢によって目のレンズ部分が白く濁ってしまうのが、白内障です。目がなんとなくかすんでいたり、まぶしいと感じたり、モノが何重にも見えるなどの症状が怒り、視力が低下することもあるようです。加齢が原因なので自然治癒することはなく、点眼薬などによって症状の進行を遅くする治療が行われます。

・緑内障
日本人の20人に1人はかかるとい割れている緑内障。眼圧がバランスを崩して視神経がダメージを受けるという目の病気です。この場合にも放置しても自然治癒できる可能性はなく、点眼薬によって症状の進行を抑えることが必要です。緑内障は放置すると失明のリスクもあるため、できるだけ早期発見することが大切です。

飛蚊症の場合には、ある必然症状が始まることも多いため、自分で病気に気づくことができるケースも少なくありません。しかし、白内障や緑内障の場合には自覚症状が現れるまで時間がかかることも多く、発見が遅れやすいもの。早期発見で早期治療ができるように、40歳を超えたら定期的に眼科健診も受けるようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ