糖尿病と眼の病気

糖尿病と眼の病気について

糖尿病とは、血液中の糖が急増してしまう病気。血糖値が上がることで、体にはいろいろな症状が現れることがありますが、目の病気を引き起こすこともあります。糖尿病にかかると必ず目の病気を引き起こすというわけではありませんが、場合によっては失明してしまうリスクもあるので、侮れません。

自覚症状がほとんどない糖尿病が原因となる目の病気にはいろいろなものがありますが、糖尿病同様に自覚症状がなかったり、痛くないので気づくのが遅れてしまうケースが多いようです。例えば、ものが二重に見えたり、瞼が上がりづらくなったり、白内障や緑内障のような症状が起きることもあります。こうした症状は、疲労がたまっていたり、ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れている時にも起こりやすい症状。そのため、ついつい病院に行くのを遅らせてしまいがちです。

糖尿病が慢性的に続くと、糖尿病網膜症という目の病気にかかるリスクが大きくなります。糖尿病網膜症とは、血液中の糖が増えてしまうことによって血管がむくんだり破れたりして出血してしまうという病気。毛細血管が詰まりやすくなり、本来血液を送らなければいけない場所へ血液や酸素を送ることができなくなってしまいます。

人間の体には、そうした事態を自動的に回避しようという機能がついています。そのため、血糖値が高くなって詰まった血管の周辺に別の毛細血管が作られ、新しいルートを開発しようと体が試行錯誤を始めるわけですね。目の周辺だと、硝子体や網膜などに毛細血管を張り巡らせるために視力低下がおこったり、新しい血管はデリケートなので高血糖な血液によって破れやすくなり、出血を繰り返してしまうことにもつながります。

糖尿病網膜症は、糖尿病が引き起こしている眼の病気ですから、もともとの原因である糖尿病の治療をすることが根本的な解決策となります。しかし、慢性的な疾患でもある糖尿病は完治するのが難しいのも事実。そのため、網膜症の症状を抑えるための治療を受けるのが一般的なようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ