黄班変性症

黄班変性症について

私たちの目は、ものを見るという働きをしています。このとき、モノを見るレンズの役割をしているのが網膜と呼ばれる部分で、黄斑部は、網膜の中心に位置している小さな部分。分かりやすく言えば、カメラのレンズの中心ということになります。

黄斑部はとても小さいパーツで、直径はわずか2ミリ、厚さも0.2ミリ程度しかありません。しかし、この小さなパーツがダメージを受けると、カメラのレンズの中心に傷がつくようなもので、レンズは焦点を合わせるのが難しくなって視力が急速に低下してしまったり、場合によっては失明してしまうリスクもあります。

黄班変性症とは、このレンズの中心部にある黄斑部が出血したり変形したりすることによって、網膜のレンズ機能に障害が起きてしまう目の病気です。

黄班変性症は、光の刺激によって発症することが多く、光の刺激に対して弱い白人は、この病気にとてもかかりやすいと言われています。日本人は人種的には黄班変性症にはかかりにくいのですが、テレビやパソコンなど、日常生活の中で光の刺激を長時間受けている人は、黄班変性症にもかかりやすくなっているので気を付けなければいけません。

黄班変性症になると、視力が低下する症状に加え、ものがゆがんで見えたり、飛蚊症などの症状が怒ります。飛蚊症など明らかに歯科医にゴミが入っている場合には目の異常に気が付くので病院に行きますが、ものがゆがんで見えても、少し位のゆがみで片目にしか症状が現れていない場合には、なかなか自覚症状も少なく、気が付かないまま時間が過ぎてしまうことも少なくありません。

黄班変性症の症状がそのまま進行していくと、視界の中心部に穴が開いたように見え始めます。ここで初めて目の異常に気付き、病院へ行く人が多いようです。

病院での黄班変性症の治療には、いくつかの方法があります。もっとも一般的なのは、レーザーを使って網膜にダメージを与えている血管を破壊することで、網膜の機能を正常化しようという治療法。しかし、リスクがあるのも事実。アメリカでは最近、ルテインを使った治療方法なども確立されているので、これから他の治療法も選べるようになるかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ