光視症

光視症について

老化現象の一つでもある「光視症」は、目に光が当たっているわけでもないのに、光がとてもまぶしく感じたり、まぶしすぎて目がチカチカするなどの症状を持つ目の病気です。光視症の原因はいくつもあり、老化現象の一つとして現れる場合もあれば、レーシックなどの手術の後遺症として光視症になる場合もあります。また、網膜剥離など別の眼精疾患がもたらす症状や後遺症、副作用として起きるケースもあります。

加齢によって光視症にかかりやすくなるのは、50歳〜60歳ぐらい。この年齢で光視症の症状が起きた場合には、老化現象なのでそのまま放置しても問題がないケースが多いようです。しかし、老化現象で起きたのか病気で起きているのかは素人判断することはできませんから、とりあえず眼科を受診するようにしましょう。

光視症を引き起こしている原因の中で最も怖いのは、脳に異常がある場合。脳の血管に異常がみられる場合には、光視症に合わせて片頭痛があったり別の症状も併せて起こることが多いようです。ただし、脳血管の異常によって光視症が起きている可能性はとても低いので、受診する診療科は眼科でOKです。

光視症の症状はある日突然起きます。何かの病気によって引き起こされている症状の場合には、根本的な原因を解決することで光視症の症状も改善できます。また、病気ではないと診断されれば、毎日の生活の中でまぶしいなと感じる機会が多くなったとしても、「病気かもしれない「失明したらどうしよう」という不安を抱える必要はなくなりますよね。

光視症は、自分自身であらかじめ予防することも難しいですし、早期発見するのもなかなか難しいものです。そのため、40歳を超えたら定期的に眼科健診を受けて、目の機能に異常がないことを検査する生活習慣をつけるようにしましょう。定期的な眼科健診で異常を見つけたら、早期治療を始めることができるので、目にいろいろな症状を抱え込むことなく早期完治が期待できます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ