網膜剥離

網膜剥離について

なんだか病名を聞いただけで恐ろしい感じすら漂う「網膜剥離」。網膜剥離とはそのネーミングの通り、眼球の内側を覆っている網膜が何かの原因ではがれてしまうという病気。網膜は目のフィルム機能をしているため、網膜がはがれてしまうことによって急速に視力低下が起こることが多いようです。網膜は眼球の内側全体を覆っている膜ですが、どの部分で敗れてしまうのかによっても、どれだけ早急な治療あ必要になるかどうかが異なります。例えば、網膜の中でも中心部である黄斑部という部分で敗れてしまった場合には、視力があっという間に低下して失明してしまうリスクもあるようです。

痛みを伴わない網膜剥離の原因には、いろいろなものがあります。糖尿病などの生活習慣病によって少しずつ引き起こされてしまう場合もあれば、加齢という老化現象が原因の場合もあります。また、何かがぶつかったり事故などによって、物理的に眼球に衝撃が与えられても、網膜剥離を起こす可能性があります。

網膜剥離の網膜は、眼球の内側にある膜ですが、柔らかいゼリー状になっている成分です。乾燥した紙のようにビリっと敗れることもあれば、物理的なショックなどによって一部が引っ張られ、小さな穴が開いてしまうこともあります。また、糖尿病などによって網膜が薄くなったりむくんだりして、裂け目が入ってしまうというケースもあります。

最初は小さな穴や裂け目から始まる網膜剥離。自覚症状がなければ網膜剥離を疑うこともできませんが、そのまま放置しておくと、穴や裂け目の中に水が入り込み、網膜と眼球の間が水浸しになって、はがれやすい状態になってしまいます。少しずつ視力が低下していくので、そこで目の異常を自覚して病院に行く人が多いのですが、気が付いたらできるだけ早めに病院に行くようにしましょう。

網膜剥離の治療は、もう膜に穴が開いていたり避けている場合には、レーザーで裂け目や穴をくっつける手術を行います。また、網膜が完全にはがれてしまっている場合には、はがれてしまった部分をもとの位置にくっつける手術が必要になり、硝子体手術や強膜バックリング法などの手術を行うことになります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ