眼瞼痙攣

眼瞼痙攣について

目の病気の一つでもある眼瞼痙攣とは、瞼の筋肉が異常なまでに緊張してしまい、目を開きにくくなってしまうという病気です。中年以降の女性がかかりやすい病気で、明るいところに行くと目がチカチカしてしまい、目が思うように開けられなくなってしま鵜という症状が現れます。まぶしすぎるところに行けば誰でも目を開けにくくなるものですが、眼瞼痙攣の場合には、明るいところだと症状がひどくなり、暗いところでも軽い症状が現れるのが特徴です。重度の眼瞼痙攣になると、明るいところでは全く目を開けることができなくなってしまうというケースもあるようです。

眼瞼痙攣は、目の周辺がピクピク痙攣する繊維束収縮という別の病気と間違いやすいのですが、繊維束収縮は目がピクピクするだけで、瞼の開閉は問題なく行うことができます。

眼瞼痙攣にかかると、24時間痙攣しているわけではありません。明るいところに行くと痙攣が怒ったり、瞼を閉じた時に起きたりすることが多いため、眼窩を受診した時に痙攣中でなくても、眼瞼痙攣かどうかを診断してもらうことが可能です。

眼瞼痙攣は、極度の疲労やストレスなどが原因で起きる病気なので、眼瞼痙攣と診断されたら、できるだけ安静にして疲労やストレスを解消するように心がけなければいけません。明るいところで目がまぶしくなって開けにくくなる場合には、サングラスをかけたりして対策をとるケースもあります。点眼薬や内服薬によって治療が行われますが、場合によっては目のまぶたにボトックスを注射して、筋肉のけいれんを止めるという治療法もあるようです。

まぶたが異常に痙攣する場合や、まぶしいところに行くと目が開けられない場合、瞼のけいれんと同時に唇も痙攣している場合などには、眼瞼痙攣の疑いがあります。ストレスや疲労など精神的な原因で起きる病気なので、まずは安静にして様子を見てみるのも良いでしょう。1週間〜2週間ぐらいで症状が治まる場合には、病院へ行く必要はありません、しかし、様子を見ても症状がおさまらない場合やひどくなる場合には、眼窩を受診してくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ