角膜潰瘍

角膜潰瘍について

失明のリスクもある角膜潰瘍は、角膜の表面部分だけではなく、奥の部分まで濁ったり溶けたりする目の病気です。角膜の表面だけが濁ってしまう病気は「角膜びらん」と呼ばれていて、角膜潰瘍の症状が軽いものだと考える人も多いようです。

角膜潰瘍は、ある日突然起きるというわけではありません。角膜潰瘍になる前には、角膜の表面部分が濁ったり溶けたりする「角膜びらん」がまずさ志保におこります。この段階で治療をすれば角膜潰瘍まで発展してしまうリスクも減りますが、角膜びらんを放置してしまうと病気が進行して角膜潰瘍を引き起こしてしまいます。角膜潰瘍が起きると、完治した後にも視力障碍が残ってしまう可能性が高くなりますし、失明のリスクも高くなってしまいます。

角膜潰瘍は、ものがぶつかったりして物理的なダメージによって角膜に傷がつく場合もあれば、細菌やウィルスなどに感染して発症することもあります。また、免疫力が低下して体の内側から角膜が濁ったり溶けてしまうケースもあります。糖尿病や神経にがん細胞ができたりすることによっても角膜潰瘍が引き起こされることがあるようです。

角膜潰瘍にかかると、白目が充血しやすくなり、目の中にゴロゴロとした異物感を感じるようになります。眼球のどの部分に潰瘍ができるかによって視力に与える影響はおとなりますが、黒目に近い部分に潰瘍ができてしまうと、視力は急速に低下してしまいます。黒目から離れた場所なら視力の低下はそれほどスピーディではありませんが、涙が止まらなかったり、目やにの量が増えたりすることが多いようです。

角膜潰瘍と診断されると、感染などが原因の場合には感染が拡大するのを防ぐために点眼薬による治療が行われます。場合によっては、眼軟膏と呼ばれる軟膏を使用したり、点滴、内服薬などが併用されることもあるようです。また、場合によっては白目に直接薬剤を投入する結膜化注射が選択されることもあります。

感染が原因ではない角膜潰瘍の場合には、炎症を抑える薬や軟膏によって自然治癒を促進する治療を行います。治療のためのコンタクトレンズを使用することもあるようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ