円錐角膜

円錐角膜について

目の角膜は、丸いドーム型をしています。しかし、何らかの原因によって丸いドーム型の中心がとんがって円錐の形になってしまうと、円錐角膜を発症してしまいます。円錐角膜は加齢によって起きることは少なく、多くの場合には10代で発症するケースが多いようです。10代から20代にかけて病気がスピーディに進行していきますが、30代を超えると病気の進行はほとんど見られなくなるのが特徴です。

円錐角膜は遺伝的な要因が大きく、家族の中に円錐角膜を持っている人がいれば子供も円錐角膜にかかるリスクが高くなります。中でも、円錐角膜はアトピーと併発するケースも多いため、アトピー性皮膚炎を持っている人は気を付けたほうが良いかもしれませんね。アトピーにかかると肌が敏感になってかゆくなったりするため、どうしても目をこすってしまいます。それが、角膜に傷をつけたりして円錐角膜を引き起こすのではないかと考えられています。

円錐角膜にかかると、まず視力低下の症状が現れます。視力低下は円錐角膜でなくても生活習慣の中で起きることも多いため、円錐角膜と疑わずにメガネがコンタクトで視力矯正を行う人が多いようですね。初期の場合にはこうした対応ができますが、円錐角膜が進行してくると、メガネやソフトコンタクトでは対応できなくなってしまうほどに視力が低下し、ハードコンタクトレンズでなければ視力矯正ができなくなってしまいます。

円錐角膜が進行すると、角膜が円錐型になると同時に、中央の部分が薄くなります。その部分に亀裂が入ったりすることもあり、その場合には黒目の部分が白く濁ったりするので、肉眼でも目の異常を確認することができます。

円錐角膜と診断されると、治療のためにハードコンタクトレンズを使用することが多いようです。慢性的な場合にはこの方法である程度、円錐角膜の進行を抑えることもできるようです。急性の場合には突然角膜が腫れたり濁ったりするので患者さん本人もびっくりして慌ててしまうようですが、経過観察すると1か月から2か月ぐらいで完治することも多いようです。

重度の場合には角膜移植という治療法もありますが、これはコンタクトレンズでの治療が不可能な場合にのみ適用される治療法です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ