ものもらい

ものもらいについて

目の病気の中でも私たちが比較的よくかかりやすい病気の一つに、ものもらいがあります。ものもらいは、目が赤く腫れたり痒くなったりする病気ですが、原因によって「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」に分類できます。

汚い手で目を触ってしまったりして、目に細菌が入り込んで炎症を起こすのが、麦粒腫タイプのものもらい。主に黄色ブドウ球菌という細菌が炎症を起こすことが多いのですが、この最近は私たちの生活の中のあらゆるところに存在している菌なので、避けて通ることができません。人間の体の中にも存在していて、手足の指、毛髪、鼻の中、腸の中などにも存在しています。化膿しているニキビなどは、まさに黄色ブドウ球菌の宝庫。かなり大量に存在しているようです。

一方、霰粒腫タイプのものもらいは、瞼の裏側にある瞼板腺に、脂肪などが詰まってしまい、そこが炎症を起こしてしまうことが原因で起こります。この場合には、瞼に触れた時にゴロゴロとした硬いものが詰まっているような感じもあるので、そうした触診で区別することもできるようです。

霰粒腫タイプのものもらいは、体内の脂肪と分泌する腺の入り口付近が詰まってしまうことが原因で起きる炎症のため、細菌によって炎症が起きているわけではありません。そのため、麦粒腫と霰粒腫とでは治療方法も異なります。

麦粒腫の場合には細菌が原因となっているので、点眼薬で細菌を死滅させる治療を行います。早ければ数日間で症状が治まり、1週間ぐらいで完治することが多いようです。一方、最近が原因ではない霰粒腫の場合には、湿布などを使って炎症を鎮める治療が行われますが、しこりの大きさによっては、詰まっている部分を切開してしこりを取り除く手術が行われることもあるようです。

どのタイプのものもらい化は、素人で判断することはできません。まぶたが腫れて痛かったり、痒かったりする場合には、すぐに眼科を受診して適切な治療を受けるようにしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ