眼瞼下垂

眼瞼下垂について

加齢が原因で起こりやすい目の病気の一つに、眼瞼下垂があります。眼瞼下垂とは、瞼を持ち上げる筋肉が加齢などによって低下してしまい、瞼を持ち上げる力が弱くなることで目が完全に開かなくなってしまうという目の病気。片目だけに起きることもあれば、両目に起きることもあります。加齢が原因で眼瞼下垂が起きている場合には、瞼が持ち上がらないという症状以外には視力なども問題なく、日常生活に支障が出ない限りは特に治療を行う必要もありません。しかし、瞼があかないことによって視界が狭くなってしまうため、瞼を全開にした状態で黒目に瞼がかかってしまうほど重度の場合には、手術をして瞼を開きやすい治療が必要となります。

眼瞼下垂は初期の頃には自覚症状がないことが多いようです。加齢とともに瞼の筋肉が低下してしまうのは一般的なことで、瞼の筋肉が低下すると人間の体は自然と、眉毛周辺の筋肉を使って瞼を持ち上げようと働きます。その為、眼瞼下垂になると、眉間の筋肉を駆使することが増えるために眉間にしわができやすくなるという特徴もあります。

加齢が原因ではない眼瞼下垂の場合には、重症筋無力症という病気かもしれません。この病気は、脳梗塞や脳動脈瘤などによって神経が圧迫されたり、発作の後遺症として現れることもあるようです。

眼瞼下垂と診断されて日常生活に支障を来している場合には、手術による治療が選択されます。手術では瞼の筋肉をつなぎ直し、瞼の筋肉によって瞼の開閉が正常に行えるような手術を行います。加齢が原因の眼瞼下垂なら、日常生活にどれだけ支障が出るかによって手術するかしないかを選択することができますが、先天性眼瞼下垂の場合や、加齢と呼べる年齢ではない場合には、できるだけ手術をすることでその先の視力や視野を確保する選択を進められることが多いようです。

ちなみに、韓国の元大統領もこの手術を受け、手術の後に目がパッチリとなったために「さすが整形大国」と揶揄されたこともありましたが、眼瞼下垂の手術の後には、目元がパッチリして若返った印象になるという人が多いようですよ。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ