夜盲症

夜盲症について

一寸先すら見えないほど真っ暗な場所では、どんなに正常な人でもモノが見えなくなってしまいます。しかし、薄暗い程度の場所なら、正常な人なら目が周囲の明るさに順応するので、まったく見えなくなってしまうということは起こりません。しかし、薄暗い場所でものが見えにくくなったり、ほとんど見えなくなったりする場合には、夜盲症と呼ばれる目の病気かもしれません。

夜盲症は「鳥目」と呼ばれることもある目の病気で、暗いところではものが見えなくなってしまうという病気です。生まれた時から網膜疾患を抱えている人などは先天的に夜盲症の症状が出ることも多いですし、生活習慣の中でビタミンAが慢性的に不足し、夜盲症を起こすケースもあるようです。

後天的な原因によって夜盲症が起きる場合には、暗い所で見えにくくなったという症状以外には、あまり自覚症状も起きないため、自分自身で病気に気づく人は多くはありません。多くの場合には、薄暗くなるとものにぶつかりやすくなったり、躓きやすくなったりすることで異常に気が付くようです。

夜盲症かどうかを検査するには、視力検査や視野検査、網膜電位検査、暗順応検査など、たくさんの検査が行われます。ビタミンAの不足によって夜盲症が起きている可能性もあるため、血液検査も行います。

眼機能に異常がなくてビタミンAが不足している場合には、点眼薬や内服薬などでビタミンAを補給することで症状が少しずつ改善されていきます。内服薬で大量にビタミンAを補給すると、吐き気や頭痛などの症状を引き起こすこともあるので、過剰投与にならないように気を付けながら慎重に治療が行われるようです。

眼機能に異常がある場合には、そちらの治療を行うことによって夜盲症の症状も改善されていきます。先天的な夜盲症の場合には、現在の医療では完全に治療できる方法がありません。その為、自分自身の生活環境やライフスタイルを改善したり、夜盲症という病気を持っていることを自覚しながら、暗い場所を歩くときには躓いたりしないように注意しながら生活することが必要になります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ