加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症について

黄斑部とは、黒目の中心にある直径わずか2ミリの部分。とても小さな部位ですが、黄斑部がモノを見る機能の中心的な存在となっています。加齢黄斑変性症とは、この黄斑部が破壊されてしまい、周囲の血管が黄斑部を再生しようと新しい血管を張り出してしまい、弱くてもろい新生血管が出血してしまうという目の病気です。

加齢黄斑変性症はネーミング通り、加齢が原因で起きることが多いようです。生活習慣病になりやすい中年の年齢よりもさらに年齢が高い「高齢者」に発生することが多いため、黄斑変性症ではなく加齢黄斑変性症と呼ばれることが多いようですね。

加齢黄斑変性症は、目に入ってくる光の刺激に対して黄斑部が対応しきれなくなることが原因と考えられています。色素が多い日本人のような人種は、色素が少ない白色人種よりも加齢黄斑変性症にはかかりにくいと言われています。しかし、近年では日本人のライフスタイルが変化して、テレビやパソコンなど目の疲労もお構いなしに黄斑部に光の刺激を与え続けている人も急増。その為、日本国内でも加齢黄斑変性症が怒りやすくなっています。

加齢黄斑変性症にかかると、ものがゆがんで見えたり、飛蚊症の症状が現れたり、視界の中心部がすっぽりと穴が開いたように見えるなど、はっきりと目の異常を疑うことができる自覚症状が現れます。片目だけに加齢黄斑変性症が起きると自覚症状にもなかなか気づきにくいものですが、両目が同時に加齢黄斑変性症にかかった場合には、早期発見できるようです。

加齢黄斑変性症の治療は、現在の医学では確実に完治できる治療法が確立されていません。レーザーで変性してしまった黄斑部周辺の毛細血管を破壊するという方法もあるようですが、リスクも高いため、なかなか積極的な治療法にはなっていないようです。

アメリカでは加齢黄斑変性症の治療法が研究されていて、最近ではルテインを用いた治療法なども考えられているようです。これからたくさんの治療法が確立されて、加齢黄斑変性症も完治できるようになると良いですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ