眼の病気と加齢の関係

眼の病気と加齢の関係について

年齢を重ねると、体のいろいろな部分に老化現象が出てきます。モノを見るという役割を持っている眼にも老化現象が起き始めますが、目の老化現象が始まると、いろいろな眼精疾病を引き起こすこともあるので気を付けたいものです。

・老眼
老眼というとかなりシニアな響きがありますが、アラフォーの年代になると老眼の症状は出始めることが多いようです目が疲れやすくなったり、なんとなく近すぎる距離で読書をしたりするのが苦手になったりするのは、老眼の初期症状ということも多いようですね。老眼は、目のレンズ機能の老化現象で、ピントが合いにくくなる症状です。これは目の周辺の筋肉が老化して弱くなってくるためで、誰にでも起きて少しずつ進行していくことが多いようです。もともと近くのモノが見えづらい近視の人は、老眼気味になることでピントが合いやすくなることも多いようです。しかし、近視の人でも老眼がどんどん進行すると、今までは近くのものが見えやすかったのに少しずつ近くのものが見えにくくなっていくようです。

・白内障
眼のレンズ機能部分である水晶体が、老化現象によって白く濁ってしまうのが白内障。ある日突然視界が真っ白になってしまうということはありませんが、なんとなく少しずつ視界がボヤっときりがかかったような感じになっていくことが多いようです。白内障にかかると、光がやたらとまぶしく感じたりすることも多く、日常生活に支障をきたすような場合には手術をして治療することも可能です。

・加齢性黄斑部変性
眼のフィルム機能を果たしている網膜部分に黄色の斑点ができてしまうのが、加齢性黄斑部変性です。網膜部分に老化現象である黄色の斑点ができると、モノを見ようとした時に、中心部分だけが見えづらくなるという現象が起きるようになります。文字を読もうとした時にも、読もうと思って焦点を合わせている中心部分がポッカリと抜けてしまうために、見えづらくなってしまうわけですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ