眼底出血

眼底出血について

眼底出血とは、眼球の一番奥の部分が出血してしまうという目の病気です。眼球の裏は自分自身で見ることができないので、当然、目視することはできませんし、眼球の裏側の出血が、白目部分にまで到達することもないため、なかなか早期発見できないケースも多いようです。

眼球の最も奥の部分にある眼底は、目の中に光が入ると、最終的に光が突き当たる壁の部分。その部分には動脈や静脈などたくさんの毛細血管が流れているのですが、生活習慣病などのように血管が弱くなったり出血しやすい状態になると、何らかの原因で眼底部分の血管から出血してしまうことがあります。それが、眼底出血です。

眼底出血を引き起こす原因は他にもあります。物理的にモノがぶつかったりした時に、硝子体や眼底を傷つけて出血させてしまうこともあるでしょうし、網膜剥離などによって眼底出血が引き起こされることもあります。しかし、物理的な原因で眼底出血が起きるケースは多くはなく、大半の場合には高血圧や高血糖、血管系疾患、生活習慣病など全身疾患によって引き起こされることが多いようです。

眼底出血が起きると、急速に視力が低下します。鏡で見て白目が充血していたりすればすぐに気付くこともできるのですが、そういう自覚症状がないのが眼底出血の特徴かもしれませんね。ただし、早期発見できれば完治する可能性もありますが、早期発見できずに治療が遅れてしまうと、失明のリスクが高くなってしまうので気を付けなければいけません。

眼底出血が進行すると、視力が急速に低下するのに加えて、眼圧が高くなってしまいます。眼圧が高くなると、そうです、緑内障を発症してしまいます。また、出血した場所の視野がかけてくるので、視野がかけることで目の異常を疑う人も多いようですね。

眼底出血と診断されると、まずは出血を止める治療が行われます。レーザーを使って毛細血管を破壊して出血を止めることによって眼底出血の進行をストップすることができますが、症状が進行するのを止める治療はできても、かけてしまった視野を取り戻したり、視力を取り戻すことは、自然治癒に頼るしかないようです。レーザー治療以外に、薬物を使った治療が行われることもあるようですが、薬物治療ではあまり大きな効果が期待できないため、あくまでもレーザー治療の補助的な役割りとなることが多いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ