白内障

白内障について

白内障とは、目のレンズ機能を果たしている水晶体が白く濁ってしまうという目の病気です。白内障にかかると、レンズが白く濁ってしまうので視界もなんとなく白くぼやっとした感じに見えるようになりますが、毎日見ている歯科医なので、初期の段階で気が付く人はかなり少ないようです。

白内障の初期症状では、視力低下も起こります。視界が白っぽく見えたり、ぼんやりとぼやけて見える症状は視力低下でもよく起きる症状。その為、白内障を疑わずに視力低下を疑う人も多いようですね。

白内障はいろいろな原因で発症しますが、最も多いのは加齢が原因で引き起こされる老人性白内障と言われています。高齢になると人間は誰でも体のすべてに老化現象が起きます。60代では70%、70代になると90%の人が白内障が原因の視力低下を引き起こすと言われているほど、一般的な疾患です。日常生活に支障がなければそのまま放置しても良いのですが、放置すると病気がどんどん進行して視力がかなり低下してしまうので、点眼薬や内服薬によって症状を抑える治療が行われます。

白内障は、他の疾患から併発されることも少なくありません。糖尿病やアトピーなどは、年齢に関係なく白内障を引き起こすことが多いようです。そのほかにも、ステロイド系の薬や抗精神病薬の使用によって白内障が副作用として起きることもあるようです。また、先天性の白内障というケースもあります。

白内障と診断されたら、点眼薬や内服薬による治療が一般的です。糖尿病など別の疾患によって白内障が起きている場合には、根本的な疾患を治療しない限りは白内障を根本的に完治することができません。しかし、生活習慣病のような慢性的な疾患を完治することは難しいため、白内障の症状がこれ以上進行しないようにするような治療を行うことが多いようですね。

その他にも、紫外線や放射線、赤外線などによって眼精疲労や老化を進める機会を少なくするような工夫も必要です。外出するときにはサングラスをかけたり、赤外線や放射線の時には目を守る保護メガネをきちんと着用することも、白内障の予防につながります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ