緑内障

緑内障について

目の眼圧が異常を起こしてしまう緑内障は、放置しておくと失明のリスクさえある目の病気です。緑内障は日本人にとっては一般的な病衣で、40歳以上の人はなんと17人に1人は緑内障にかかっていると言われています。現在の医学では緑内障を完治できる治療法はないため、早期発見することで、緑内障の症状をそれ以上進行させないような治療を行うことができます。しかし、放置してしまうとどんどん症状が進行してしまい、その後の生活には大きな支障が出てしまうこともあるので気を付けなければいけません。

緑内障にかかると、視力が低下するのに加えて視界がかけてきます。もともとは眼圧異常によって引き起こされている症状なのですが、初期の頃には自覚症状も少ないことが多く、定期的な眼科健診を行っていないとなかなか早期発見できないことも多いようです。緑内障は慢性的に進行するケースもあれば、急性の発作が起きるケースもあります。慢性的な場合には、視力低下や視界の欠落などの症状は少しずつゆっくり進行するので自覚症状がほとんどありませんが、急性の発作が起きると、目が激しく痛くなり、頭痛や吐き気を伴うこともあります。

緑内障は加齢によって誰でも起きる可能性がある目の病気です。しかし、眼圧が高くなりやすい体質もあるようです。例えば、冷え性の人、低血圧の人、片頭痛を起こしやすい人、近視がかなり進行している人、低体温の人などは、そうでない人と比べて緑内障にかかるリスクが高いと言えるでしょう。また、遺伝によって緑内障が起きるケースもあるので、家族や親せきに緑内障を持っている人がいる場合にも、定期的に眼科健診を行うようにしましょう。

緑内障を早期に発見するためには、定期的な眼科健診が最も有効です。40歳以上の人を対象にした緑内障ドックとよばれる精密検査を行えばかなり高い確率で早期発見できるので、定期的にこうした検査を受けるのも良いでしょう。生活習慣や食生活を改善して健康に気を付けることも、緑内障の予防になります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ